メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

2017年10月17日 (火)

阪堺電車の秘境駅? 今池停留所

559a1489

 恵美須町から二区間電車に乗って、大阪市西成区萩之茶屋にある今池電停で降りました。電停に人気は無く、駅猫が一匹居座っていました。
 直ぐ先のガード下のもつ焼き屋さんの煙でしょうか?まだ昼過ぎだというのに焼肉の匂いが漂てっていて時々、奇声も???
キモ焼きや隠れメニューのアブラが絶品らしいのですが・・・

559a1463

 新今宮電停を過ぎると築堤区間に変って勾配を登るのですが、新今宮-今池電停間の線路西側だけは、バリケードのような高い立入防止柵が建っていました。
 今では治安が良くなって安価な宿が多いこの辺りは、外国人観光客が増えている様子です。バリケードのような線路柵は以前、南霞町(新今宮)電停が焼失した西成地区で起こった暴動の余波でしょうか。

559a1465

559a1467

 今池電停の浜寺側には、廃止された南海天王寺支線と立体交差していた乗り越し橋りょうがそのまま残っています。天王寺支線と立体交差するために盛土された区間の頂上に設けられた今池電停は、個性が濃い周辺の街と隔離されている感じで、私が滞在中に会ったのは、駅猫に昼ご飯を届けに来た方でけでした。

559a1471

559a1474

 阪堺電車の秘境駅? 今池電停では、街中への階段は降りずに電停だけで撮りましたが、その先では街中を走る阪堺電車を撮ってみました。

559a1476

 ホンとに軌道や電停の傍まで生活空間になっていて、彼方此方に昭和時代で時間が止まったような風景が残っていましたので、次回以降で紹介してみます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年10月16日 (月)

時が止まった軌道終端電停!阪堺電気軌道 恵美須町

559a1449

 前回、阪堺電気軌道を訪れたのは2017年7月て゛、新今宮から住吉電停まで電車に乗ると昭和のロケーションが残る独特な沿線風景が気になりましたが、運行本数が少ないので撮るのはあきらめました。
 あの景色がどうにも気になって、10月に入ってから一泊二日で再訪してみました。先ずは、10月14日午後の阪堺線の起点、恵美須町駅です。

559a1451

 1911(明治44)年開業の恵美須町はホーム3面に発着線が2線、頭端式ホームの電停です。阪堺線のすぐ東側は通天閣がランドマークの新世界商店街で、最近はディープで昭和レトロな雰囲気が見直されて、新たな観光地として賑わっているようです。
 しかし、この辺りの一大ターミナルとして発展したのは天王寺で、上町線の電車が天王寺駅前から浜寺電停前まで直通するようになって、恵美須町を発着する電車の運転系統は恵美須町-我孫子道間に短縮されたうえ、大幅に減便されてしまいました。

559a1453

 恵美須町電停は日中でもほとんど人気が無くて、堺筋の恵美須町交差点から自由に出入りできる電停構内は薄暗く、歴史を感じさせる超レトロな雰囲気。ここは昭和時代で時間が止まっていました。

559a1455

 恵美須町から新今宮電停間は東側が新世界で、新今宮から今池電停の先までは西側があいりん地区。今池から今船電停間は東側が飛田新地と、恵美須町-塚西電停間の大阪西成区を走る区間は地域の個性が強くて独特な雰囲気でした。次回以降で、気まぐれに紹介してみます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年10月 7日 (土)

森製作所製ガソリン機関車!足尾ガソリン軌道歴史館線

559a1392

 産業用内燃機関車メーカー森製作所製のガソリン機関車も公開運転されました。

559a1403

 昭和20年代に造られた標準的な4t産業用機関車ですが、森製作所製で走行可能な機関車は貴重な存在。こんな所で立山砂防の機関車との並びが観られるなんて、予想外でした。

559a1404

 足尾歴史館の足尾ガソリン軌道歴史館線には、ガソリンカーの他にも加藤製作所、森製作所、渡邊與助商店、田中重機、米川鉄工所、そして北陸重機工業の産業用機関車が集められていました。

559a1418

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年10月 6日 (金)

フリクションドライブの古典機関車!足尾ガソリン軌道歴史館線

559a1390

 戦前に重県四日市の米川鉄工所で製造されたガソリン機関車で、車体重量は3~4t程度と思われます。2015年の夏に動態化復元されて、この日(2017年9月30日)も公開運転されました。

559a1433

 運転台の中に2枚の円盤が見えますが、線路と垂直の円盤がエンジンからの出力を受けて回転して、線路と平行の円盤(プーリー)が接触した摩擦力で推進軸を回転させるフリクションドライブで、線路平行のプーリーを線路垂直の円盤の円心側に接触させるのか、円周側に接触させるのかを操作して、トルクと速度を調整します。
 運転台の中で剥き出しの大きな金属盤がブンブンと唸りながら回っているのは凄い迫力で、今では考えられない構造ですね。

559a1426

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年10月 3日 (火)

元海軍 KATOWORKS の4t機!足尾ガソリン軌道歴史館線

559a1427

 普段の運転日は足尾ガソリン軌道のAフォード ガソリンカーが走っている軌道歴史館線ですが、足尾歴史館には他にも貴重な車両が集結していて、この日(2017年9月30日)は動態保存機がそろって公開運転されました。
 ラジエータ上部のKATO WORKSの鋳出しがシンボルの加藤製作所製4t機が、向ヶ丘遊園から来たオープン客車2両を牽いてデモ走行。

559a1411

 走る「加藤くん」は大井川鐵道井川線のDB1形しか見たことがなかったのですが、610mmケージの4t機はその小ささが「加藤くん」らしくて、外観と大きさのバランスが絶妙でした。

559a1422

 元は海軍霞ケ浦航空隊の施設工事用に使われたガソリン機関車だったそうで、戦後は地元の建設会社でディーゼルエンジンに換装されて使われていたようです。
 左側の謎の機関車については、気まぐれに次回以降ということで・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

«蘇った足尾銅山のガソリン軌道!足尾ガソリン軌道歴史館線

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31