メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

2017年6月18日 (日)

福島交通 飯坂線 花ももラッピングトレイン!

559a0364a

 6月初旬の平日、釜石線に出掛ける途中で寄った福島交通飯坂線。地図を見ると福島から終点の飯坂温泉まで殆どの区間は道路沿いに延びていて、撮影は難しそう。
 美術館図書館前駅の岩代清水駅寄りと医王寺前駅の花水坂駅寄りは少し道路から離れていそうなので、この二か所で撮ってみました。

559a0366a

 花水坂駅で電車を降りて定番の小川橋りょうで撮影後、医王寺前駅まで歩いてみました。医王寺前駅の花水坂駅寄りで線路はS字カーブになって、道路と離れて一段低い林の中を走っていました。

559a0383a

 福島から東北本線に平行して延びている線路は、美術館図書館前駅の岩代清水駅寄りで右カーブ(起点を背にして)になって、東北本線と離れながら信夫山の麓の勾配を登ります。勾配を登ると左カーブ(起点を背にして)して、東北本線を乗越し橋りょうで越えていました。

559a0395a

 信夫山の麓の勾配を下って美術館図書館前駅に進入する7000系電車。正面には飯坂温泉「いいざか花ももの湯」のラッピングが施されていました。

559a0398a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年6月13日 (火)

福島交通飯坂線 旧東急7000系と小川橋りょう

559a0357a

 東北本線の福島駅と飯坂温泉駅の間を結んでいる営業キロ9.2kmの福島交通飯坂線。1991年6月から東急7000系譲渡車が主力で活躍していましたが、2016年秋から東急1000系電車への代替えが始まりました。
 飯坂線と言えば医王寺前-花水坂駅間に架る小川橋りょう。小雨模様で青空の背景は叶いませんでしたが、とにかく名所で撮ってみました。

559a0360a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年6月12日 (月)

釜石線SL銀河号 長閑に走る復路のC58239号機

559a0563b

 釜石線のSL銀河号ラストは6月4日(日)に東野から先で撮った花巻行きです。雨空が続いてしまった二日間の撮影でしたが、釜石線初心者の私には光線を選ばすに撮影地を選べたので幸運だったのかも。

559a0572b

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年6月11日 (日)

釜石線SL銀河号 C58239 白煙の足ヶ瀬駅発車!

559a0554a

 標高473メートルで釜石線では一番標高が高い駅。銀河鉄道の基と言われている岩手軽便鉄道が1915年(大正4年)に開業させた足ヶ瀬駅は、辺りに民家が数件有るだけの山間の小さな駅でした。
 時刻表を見ると復路の花巻行き「SL銀河号」は通過ですが、運転停車している様子なので発車シーンを狙ってみました。

559a0558a

 陸中大橋から上有住を経て足ケ瀬駅まで、釜石鉱山から北上高地を経て遠野盆地へ至る険しい仙人峠をキハ141系気動客車の力を借りて登ってきたSL銀河号は、ここで暫しの休息です。
 閑かな景色に発車の汽笛を響かせて、盛大な白煙を上げながら加速。構内を抜けると、遠野に向けて長い坂道を下って行きました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

釜石線SL銀河号 C58239 仙人峠の大オメガループ

559a0532a

 上有住-陸中大橋駅間の鬼ヶ沢橋りょうを北上するキハ100形2連の釜石行き普通列車。この後、陸中大橋駅でSL銀河号と交換です。
 「めがね橋」の宮守川橋りょうと並ぶ釜石線の名所といえば、仙人峠(上有住-陸中大橋駅間)の大オメガループ。

559a0540a

 鬼ヶ沢橋りょうを見上げたこの場所のすぐ後ろは、陸中大橋-洞泉駅間の線路。ここを通り過ぎて北上した花巻行きのSL銀河号は陸中大橋駅に停車後、全長1,280メートルの第2大橋トンネルの中で大きな円弧を描いて方向転換。第1大橋トンネルを抜けて南下、視界戻って鬼ヶ沢橋りょうに姿を現しました。
 甲子川沿いに線路が平行しているこの辺りは、大オメガループを観るには最高の場所でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

«釜石線SL銀河号 C58239 洞泉-陸中大橋駅間

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30