メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« いよいよ | トップページ | パレオが帰ってきました »

2007年3月11日 (日)

売り込み中

Paleo_pc  SL PALEO'S WEBLOG(ぱれおぶろぐ★2007)にパレオの新しい乗車証明書&わくわくスタンプカードや春夏用のパンフレットが公表され、いよいよ2007年の運行開始が迫ってきました。パレオくんはブログの更新やお知らせメールの送信だとか、売込みに一生懸命な様子で、けなげな後姿を初公開。しかし、今時ベージュの古いパソコン使ってるんだな~。明日は少し早起きして最新画像を撮らなくちゃ。公式ページのチェックを忘れないでくださいね。
C58363_88_2_0704  今晩はチョッと初心に帰って、C58363復活前後の事を書いてみましょう。国鉄の本線上から蒸気機関車が引退したのは1975年10月で、室蘭本線を走ったC57135の旅客列車が最後でした。大きな力、迫力を外観から感じられる美しい機械である蒸気機関車は一旦、鉄道から消えましたが、1976年7月には大井川鉄道でC11227が運行を開始しました。3年後の1979年8月には国鉄の山口線でSLやまぐち号が運行を開始し、C571号機とC581号機の勇姿が戻ってきました。国鉄の分割民営化の直前になって秩父鉄道でのSL復活が持ち上がり、突如、吹上小学校の校庭で佇んでいたC58363号機がトレーラーで吹上駅に運ばれ、復線しました。熊谷市で開催された「さいたま博」の協賛事業としてのSL運行でしたが、派手な装飾や当時の宣伝方法等、かなり周到な企画がなされていた気がします。企画が先行し、秩父鉄道(さいたま博)は実現させるターゲットだったのでは。真相は解りませんが、上信電鉄辺りを想定していたとの噂を耳にしたこともあります。SLやまぐち号復活から9年後、C58363号機が慌しく復線したのは、国鉄分割民営化の前に汽車を確保するという動きもあったのでしょうか。

« いよいよ | トップページ | パレオが帰ってきました »

秩父鉄道 パレオエクスプレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/14229980

この記事へのトラックバック一覧です: 売り込み中:

« いよいよ | トップページ | パレオが帰ってきました »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30