メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月29日 (日)

今日は芝桜日和

でしたね。昨日は天気予報は悪いし、北関東や秩父谷は午後から雨雲が広がって雷様の演奏も聴けて、神経が逆立ちました。
 一転して今朝から快晴のパレ日和でしたが、私は御花畑のご案内当番でして、朝からお仕事。凄い人出でお昼前の降車やお昼過ぎの乗車はホームが一杯で、凄い活気。でも「一言黄色い線の後ろに下がってくださいね。」とお願いすると、整然と列車を待って頂けたのには驚きで、花を観に来てくれる秩父のお客様は素敵でした。
 明日は朝から武州日野駅へ出動です。パレオが来る頃はチョッとだけカメラを構えられるかな。
 今日、アップする画像は本文とは何の関係もありませんが、古いポジを整理していて見つけたED381号です。2基の集電装置を昇げて製品(セメント)輸送列車の先頭に立つED381の姿は、確か1980年代初めの冬だったと思います。背景に立ち昇る3条の炉の排気は、高度成長期の証ですね。Ed381

2007年4月27日 (金)

いよいよGW

 いよいよゴールデンウィークの前半に突入。初夏らしい明るい晴空が期待できそうですね。秩父谷は新緑の淡緑が日々鮮やかになっています。SL列車のパレオエクスプレスの運転日は4月27(金)・28(土)・29(日)・30(月)・5月3(木)・4(金)・5(土)・6(日)で、この期間は12系客車の中に鯉幟が飾られ、5月3~6日の4日間はC58363に子供の日記念のヘッドマークが掲出される予定で、年々エスカレートする鯉幟のデザインが楽しみですね。既に座席指定車の指定券、自由席車の整理券も発券又は予約済みの様子ですが、上り熊谷行きの三峰口-秩父駅間の整理券(自由席)は少し残っている日もあるようです。詳細は秩父鉄道の公式ページでご確認くださいね。パレオカラー(緑地のプレート)を付ける予定は無さそうで、夏休み期間の「わくわく体験号」あたりになるのかな。
 私はこの連休、何処に出掛けて缶ビール煽って汽車を撮ろうか思案していたのですが、やっぱり無理みたいで・・・Paleo06050408

2007年4月23日 (月)

秩父の看板列車

といえば、最新鋭の急行用6000系電車ですよね。西武鉄道が1969年の西武秩父線開業時に初めて製造した101系を譲り受けて改造し、先頭車前面にはLED式の愛称表示器が新設され、前照灯は角型 のシールドビームとLED式尾灯を一体化したタイプとなり、スカートの新設他でフロントデザインは一新されています。 車体カラーは白を基調として側窓周りはブルーに塗られ、3000系の秩父急行塗色が受継がれています。
 これが、なかなか強敵でして、巧いシーンが撮れなくて。今回は桜花が満開の荒川橋りょうで狙ってみました。改造車故の個性が強い形式ですが、少し秩父に馴染んできたかな。食べ合わせが悪いスイカと生魚でちょっとお腹を壊したパレは元気になったし、初夏の秩父谷を元気に走る秩父の顔です。P07_04_07_03a

にほんブログ村 鉄道ブログへ

2007年4月22日 (日)

白久のカーブ

 今日の秩父谷は薄曇が広がって、午後から雲が厚くなってしまいました。夜になって小雨が降っています。私は永田-小前田駅間でパレを撮った後、久々に白久のカーブに行ってみました。ここは、普段は近寄り難い程大人気の撮影地ですが、今頃から夏休み前の時期は人出も落ち着くし、何より光が良くなります。曲線内側から撮ると列車の側面に光が当たらないのですが、今頃はトップライトで背景の山並みは明るい新緑になるし、4~5月の明るい曇り空が一番似合う撮影地でしょうね。
 普通は斜光線が綺麗に射すシーンを求めるのですが、パレオも大鐵の101レにしても、現代のSL列車を撮る時は時間を選べないので、その日の光線や背景の色が良い場所を探すのに苦労しますよね。秩父の人気撮影地の樋口先や白久のカーブを定番ポジションから狙うのは、穏やかな薄曇りで湿度が低い日が絶好かも。
 昨日の4月21日はパレがお腹をこわしたみたいで、ブルーのデキが代走しました。今日は無事に復活して、パレが来るときの白久のカーブは薄曇りでバッチリでした。煙は重油の黒煙で、チョッと暴れてしまいましたが。こどもの日記念の時に再挑戦してみましょう。
 画像は夏休みの頃の「パレオくんのわくわく体験号」で、背景の緑は初夏を過ぎて深いのですが、穏やかな曇り空の白久のカーブです。しかし、ヘッドマークのパレオくんは大好物のスイカと生魚を抱えて嬉しそうですが、食べ合わせは凄く悪そうですよね。パレはお腹が命で、調子悪いと圧力が昇がらないし、気をつけなくちゃ。02wakuwaku03
 

2007年4月21日 (土)

数年前まで

小前田の銀杏林は今頃の時期、こんな感じでした。紫色の花ダイコンと淡い緑が良い感じで、林の外側からよく撮りました。しかし、黄葉のシーズンになると撮影のために林の中まで入る車が多く、地面が硬くなったせいか花ダイコンが減って、昨年の黄葉シーズンはついに立ち入れなくなってしまいました。この辺りは菜の花も多く、今年は少しですが線路沿いに花ダイコンが咲いています。020402

2007年4月20日 (金)

新緑の季節

今週も長かったけど、いつの間にか秩父谷は新緑の季節になりました。寄居辺りの山並みが一気に芽吹いて、小前田の銀杏も淡い緑です。沿線は菜の花が盛りを過ぎて、晴れると初夏の装いになりそうです。この季節は、例年ですとパレオが芝桜号のヘッドマークを掲げ、羊山の羊さんたちの派手なデザインが楽しみだったのですが、今年は無さそうです。次のHMは5月3~6日の「こどもの日記念号」になりそうです。もちろん12系客車の中には鯉幟さんたちも飾られ、ゴールデンウィークを彩りそうです。今回の画像は、2002年に撮った「こどもの日記念号」で、確かこの年が最初だったような。本物の鯉幟の中にダンボールの骨と古新聞のあんこを詰めて、12系客車に吊るしに行ったのが昨日のことのよう。5002列車の三峰口発車ですが、島式ホームにはスタッフジャンバーを羽織ってお客様をお見送りする姿も。
懐かしいな~
いやいや、今も全然変わらず若いですけど。02050303_2

2007年4月11日 (水)

1000系電車

今日の秩父谷は午後から雨空で、盛りを過ぎた桜花が綺麗に散っていました。荒川橋りょうの起点側橋台際の花が今週末まで持ち堪えてくれると嬉しいのですが。
12編成も居るからパレオ待ちの間もガンガン走ってくるし、珍しくも無い1000系電車。でも、貴重な国鉄制式90系(101系)電車の生き残りでして、確か昭和32年に最初の車が落成したはず。新性能電車で現役50歳を迎えそうな勢いは・・・
桜花が囲む荒川橋りょうを渡る1000系電車の最新画像をアップしてみましょう。
Paleo07_04_07_02

2007年4月 9日 (月)

あれから・・・

 明日で10日が経過。不似合いで毎日が凄く長いけど、バタバタと過ごしてしまいました。週末の4月7日の秩父沿線は熊谷桜堤は散り始めて風情があったし、長瀞の南桜道は満開寸前。私は荒川橋りょう橋台傍の桜を対岸から狙いましたが、ここの桜は少し遅目で、今週末まで持てば花吹雪も夢ではないような・・・
 長瀞で下り5001列車を撮った後、湘南ライナーと東海道の普通列車を乗り継いで大井川鉄道へ出掛けてみました。翌8日は"つりかけくらぶ"さん主催の井川線DBの撮影会に参加させていただきました。当日は葉桜の景色に移ろう奥大井を走るDBの重連が牽くオープンデッキの半鋼製客車に無蓋貨車、緩急車を連ねた混合編成、プッシュプルの穏やかなシーン、貨物列車と旅客列車交換シーンの再現他、豪華な企画を楽しませていただきました。
今回アップの画像は過去のDBツアーの中で、私がお気に入りのカットです。02052630b

2007年4月 4日 (水)

寒い~

熊谷の桜は満開かな~。でも、妙に寒くて変な陽気です。暖冬で花が早かったのに、今頃になって寒いなんて・・・。この調子だと平坦区間の桜は今週末までokかな。長瀞辺りも今週末は見頃を迎えそう。秩父谷はスギ花粉の季節が過ぎて、新緑が芽吹いてきました。桜の次は秩父、羊山の芝桜。今年も芝桜の見頃に合わせて臨時列車や急行、SL列車の芝桜号が運転される旨が秩父鉄道から公表されています。昨年までは3000系に素敵なフロントサインが掲げられていましたが、今年からは味気ないLED表示の6000系。チョッと残念ですが、SL列車のHMでサインは今まで以上に炸裂すると楽しいな~。私は月初めから急に環境が変わりましたが、どうにか3日間過ぎました。Paleo06041601

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31