メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 数年前まで | トップページ | 秩父の看板列車 »

2007年4月22日 (日)

白久のカーブ

 今日の秩父谷は薄曇が広がって、午後から雲が厚くなってしまいました。夜になって小雨が降っています。私は永田-小前田駅間でパレを撮った後、久々に白久のカーブに行ってみました。ここは、普段は近寄り難い程大人気の撮影地ですが、今頃から夏休み前の時期は人出も落ち着くし、何より光が良くなります。曲線内側から撮ると列車の側面に光が当たらないのですが、今頃はトップライトで背景の山並みは明るい新緑になるし、4~5月の明るい曇り空が一番似合う撮影地でしょうね。
 普通は斜光線が綺麗に射すシーンを求めるのですが、パレオも大鐵の101レにしても、現代のSL列車を撮る時は時間を選べないので、その日の光線や背景の色が良い場所を探すのに苦労しますよね。秩父の人気撮影地の樋口先や白久のカーブを定番ポジションから狙うのは、穏やかな薄曇りで湿度が低い日が絶好かも。
 昨日の4月21日はパレがお腹をこわしたみたいで、ブルーのデキが代走しました。今日は無事に復活して、パレが来るときの白久のカーブは薄曇りでバッチリでした。煙は重油の黒煙で、チョッと暴れてしまいましたが。こどもの日記念の時に再挑戦してみましょう。
 画像は夏休みの頃の「パレオくんのわくわく体験号」で、背景の緑は初夏を過ぎて深いのですが、穏やかな曇り空の白久のカーブです。しかし、ヘッドマークのパレオくんは大好物のスイカと生魚を抱えて嬉しそうですが、食べ合わせは凄く悪そうですよね。パレはお腹が命で、調子悪いと圧力が昇がらないし、気をつけなくちゃ。02wakuwaku03
 

« 数年前まで | トップページ | 秩父の看板列車 »

秩父鉄道 パレオエクスプレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/14812508

この記事へのトラックバック一覧です: 白久のカーブ:

« 数年前まで | トップページ | 秩父の看板列車 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30