メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« バタバタ | トップページ | 秩父鉄道・東武鉄道 合同リレーイベント開催 »

2007年5月28日 (月)

秩父沿線ガイド

020604 広瀬のイベントでバタバタした後は、5月末が期限の補助金申請でバタバタしてます。でも、先週の土曜、5月26日は久々にパレオ撮影に出掛けてみました。この時期は季節の花も一段落で沿線も閑かですし、定番巡りをしてみました。下りパレオの5001列車は樋口駅先と白久のカーブ、上りの5002列車は影森登りと長瀞発車。爆煙とは行きませんでしたが、何処も初夏の煙が観られて、一日楽しめました。
これから梅雨明けの頃までパレオを撮影される方が少なくなる時期ですが、沿線には季節感豊かな素材が沢山ありますので、チョッと沿線ガイドをしてみましょう。大麻生-明戸駅間の広い水田ではそろそろ田植えの準備が始まりました。6月に入ると水が張られて上旬から中旬は彼方此方で田植えが行われ、早苗の淡緑が鮮やかな田園風景と汽車の組合せは6月下旬位まで観られます。そうそう、この季節のパレオといえばレイニーシーズンの特別企画。客車には "てるてる坊主" が飾られて、シックなヘッドマークも魅力です。"てるてる坊主"や "かたつむり" 、虹やお洒落な雨傘と続いたヘッドマークデザインが今年はどうなるのか。それから、6月と言えばソバの花も魅力です。秩父荒川は蕎麦が名産品で、線路沿いにも蕎麦畑が広がり、白くて小さな花が咲き誇ります。これから夏休み前の梅雨時期はチョッと地味な季節ですが、素敵な素材も沢山ありますから是非、パレオと絡めて撮影されてはいかがでしょうか。020608 020605

にほんブログ村 鉄道ブログへ

« バタバタ | トップページ | 秩父鉄道・東武鉄道 合同リレーイベント開催 »

Chichibu-Railway Latest Information」カテゴリの記事

コメント

今年の「Rainy Season」のヘッドマークは何を考えてるのか、私にも解りません。そろそろネタ切れになるはずなのですが、何が飛び出すのか。田植えや蕎麦の花、花菖蒲。雨の季節の花も魅力ですし、雨の煙も格別。また、お出掛けくださいね。

土曜日はお世話になりました。
最高気温32℃という真夏のような日でしたが、
カラリとしていたので心地いい一日でしたね。
汽車が来る前の木陰での汽車談義は楽しかったです。

そろそろ梅雨の足音が。
今年の「Rainy Season」のヘッドマークはどんなデザインになるのか、ちょっと楽しみです。
田植え、蕎麦の花….
晴れても雨でも楽しみな季節、かもしれません。
6月半ば、梅雨入りの頃に出かけてみようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/15235923

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父沿線ガイド:

« バタバタ | トップページ | 秩父鉄道・東武鉄道 合同リレーイベント開催 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31