メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 東武鉄道6000系快速電車 | トップページ | デキ504牽引鉱石貨物列車 »

2008年4月17日 (木)

夏の上越線を走った幻のC58363

 C58363号機が現役蒸気機関車として鉄道の本線上に復活したのは1988年の早春。私は復活前年の春、吹上小学校の校庭から復線したパレを高崎の転車台の傍らで初めて見ました。静かに佇む姿は、再整備を施す以前でしたが他の保存機とは違った美しさが漂っていて、これが20年を経てもゆっくりと快調に走るパレの元気の源かも。
 パレオエクスプレスを牽く秩父鉄道の蒸気機関車C58363号機。春から晩秋までは秩父鉄道を走って、検査や整備のために必要な冬季の閑散期にその委託先のJRへ出向くので、JR線を走った記録は貴重です。復活当初は埼玉県北部観光振興財団が所有しており、冬季の上越線をD51498と重連で走ったり、時には「おくとね号」やJRのイベント蒸機列車を牽くこともありましたが全てパレオエクスプレスの運行期間外の冬季でした。復活後21年目のC58363号機は、秩父鉄道が所有する機関車で、秩父鉄道の機関士さんが操る姿も定着してきました。ますます、秩父路の蒸気機関車として定着していますが、唯一の現役C58形ですから、JRにも操れる機関士さんが保たれるよう、これからはJR線上を走る機会が増えると良いな~
 7月上旬の濃緑が上越線を覆う季節、上州を走るC58363号機の姿は貴重なシーンかも。いまさら詳細は書かないけど。しかし、この時のパレは速かったな~。普段見ている姿とは違う形式?の機関車でした。P040708a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 東武鉄道6000系快速電車 | トップページ | デキ504牽引鉱石貨物列車 »

秩父鉄道 パレオエクスプレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/40909239

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の上越線を走った幻のC58363:

« 東武鉄道6000系快速電車 | トップページ | デキ504牽引鉱石貨物列車 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30