メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

パレオエクスプレスの超マイナー撮影地

Paleo08042901 秩父鉄道は意外と沿線の市街化が進んでいて、年々、長閑な景色が減っている気がします。その中でも宅地化が進行しているのは寄居辺りで、小前田-桜沢駅間は撮影される方が少ない場所でしょうか。休日ダイヤの下りパレオ5001列車は熊谷から緩勾配を登ってきますが、小前田駅を通過すると次の桜沢駅で上り電車と交換。短い直線区間の先に見える場内信号機が警戒信号を現示しているので、速度を抑えながら進んで来るのが通常。
なかなか、煙を見られないんですよね。先日、小前田駅先で踏切待ちしてたら良い煙を目撃。淡い期待を抱いて出掛けたら、やっぱり煙が出ました。でも、↓の影森登りは意外とスケルトンな煙で・・・撃沈。
これが汽車を撮る醍醐味ですよね~

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月29日 (火)

パレオ&ガチャピン(1000系ウグイス) 影森登り

Paleo08042902  今日の秩父谷は午前中は雲が多かったのですが、午後はお日様が顔を出して初夏の陽気。先日、小雨の日に凄い迫力だったとの噂を聞いて、影森-武州中川駅間の影森登りへパレオの5002列車を撮りに出掛けてみました。新緑が眩しい天気で軌条も踏面も乾いているし、機関士さんは上り勾配と曲線抵抗を進むパレオを順調に操って、気持ち良いリズムで走って行きました。今度は天気予報が「秩父地方は午後から雨」の日に来てみましょう。
 秩父谷は日々、緑が濃くなっています。例年より季節が移ろうのが早いかな。淡い新緑を狙うなら早めの出動をお勧めします。
Deha08042901  もう一枚、影森登りで撮ったガチャピン号です。曲りながらゆっくりと走る国電リバイバルカラーのウグイス関西線カラーはガチャピンというより今が旬の青虫だな~。そういえば長さも太さもピッタリだな~

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月27日 (日)

新緑の国電カラー 秩父鉄道 荒川鉄橋

Deha08042701   ゴールデンウィーク最初は生憎の曇空になってしまいましたが、今日の秩父谷は午後からお日様が顔を見せてくれました。晴れると淡い新緑が最高の季節。荒川鉄橋に出掛けてみました。スカイブルー、オレンジバーミリオン、カナリアイエローの1000系が行き交う荒川鉄橋傍で2時間程カメラを構えましたが、乾いた空気と強い日差しが絶妙でした。
 パレオくんの厳しい指令を受けて出掛けた荒川鉄橋ですが、普通の1000系とカナリアイエローをアップしてみましょう。Deha08042703

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月26日 (土)

C58363芝桜号

Deha08042601  今日からC58363パレオに芝桜号のヘッドマークが掲出されて、いよいよ秩父羊山の芝桜シーズン。天気予報では、ゴールデンウィーク前半の秩父谷は晴れて初夏の陽気が続きそうで、いよいよ芝桜が見頃。秩父市街の芝桜の岡周辺は道路交通が規制されるので、電車利用をお奨めします。熊谷駅は周辺に有料駐車場が多いし、寄居駅は町庁舎の駐車場に駐車可能なようです。(電車利用の方に開放されている訳ではありませんので、個人の判断でお願いします。)長瀞駅周辺では芝桜を愛でる方のためにパークアンドライド駐車場が開設され、他にも有料駐車場が沢山あります。秩父鉄道ではお得な企画乗車券を発売しているし、是非、新緑が眩しいローカル線の小旅行を楽しんで、芝桜を愛でてはいかがでしょうか。
 晴れれば新緑が最高な季節ですが、今日の秩父谷は生憎の曇り空でした。一応、初日のパレオ芝桜号を撮ったので、アップしてみましょう。Paleo08042601

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月23日 (水)

意外と穴場な撮影地

なんで・・・
 こんなに人気があるのか不思議に思う程、季節の花や彩りとパレオを絡めて撮れる場所は競争倍率が高いような。元々、汽車がかっこ良くアップで撮れれば満足しちゃう性分で、私の基本は列車写真かも。パレオの撮影地で、意外と自由に撮れるのがここ。
 ここで、他の撮影者と会うのは稀で、いつも気ままに汽車を待てる場所でですが、毛虫をかき分けて進むことも。040801401

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月22日 (火)

初夏の渋川-敷島駅間 C58363

P040701a 先日に続いて、初夏の上越線を走るC58363号機。緑が濃くなった田んぼと夏らしい空。上越線らしい景色を行くC58363+オリジナル塗色の12系客車4連。期待以上の煙が棚引いて、今になってみると貴重なシーンでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月21日 (月)

浦山川に架かるバルチモアとパレ

1913年アメリカンブリッジ製のプラットトラス(ピン結合のトラス橋)の浦山川橋りょうを渡るC58363牽引のパレオエクスプレス。磐越西線から移設された上路平行弦プラットトラス橋を汽車が渡る姿は格別です。元々、磐越西線の阿賀野川当麻川橋に架けられていた上路トラス桁を移設、分割のうえ主桁とし、鋼板桁と組み合わせて架設したのがこの浦山川橋りょうと安谷川橋りょうと押手沢橋りょう。今日の画像は2004年の初夏、塗装替えで鮮やかになった浦山川橋りょうを渡るパレオで朱色のナンバープレートもバッチリ決まっていました。そろそろ安谷川も時期だし、久々の緑色も似合うかも。04072501a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月20日 (日)

長瀞桜道と秩父本線

Deha08041901 「花の長瀞 あの岩畳 花の長瀞 あの岩畳 誰を誰を待つやら 朧月。」・・・長瀞と言えば桜花ですが、古くから桜花の名所だった南桜道は旧秩父本線で、人や車が行き交ってますが現代でも鉄道用地。上長瀞先で荒川を渡るために付け替えられた現本線も上長瀞駅の手前や荒川りょうの橋台脇の線路敷きに染井吉野が植えられ、花の季節には汽車との組み合わせが大人気。鉄道用地を桜で飾って、民謡「秩父音頭」の詞にもなってる名所を作った当時の人達は凄いな~。
 園芸品種で華麗だけど弱い染井吉野は宿命のてんぐ巣病を患っている気配が無いのが幸いですが、樹齢60年ともいわれている線路脇の桜は老木になってしまいました。
 私も桜花満開の上長瀞手前でパレオエクスプレスの勇士を撮ってみたいのですが、競争倍率が高くて今だに叶わず。昨日は並木の花が散って辺りに新緑が芽吹き始めた上長瀞に出掛けてみました。朝から曇り空で10時過ぎに着きましたが、誰も居なくて閑かな桜道。浅い切り通しの法面には菜の花が満開。狙いは1本の遅咲きの桜でした。
 初めて花が咲いているこの木を見ると、淡紅色の花弁が5枚。花と同時に赤い若葉が芽吹いていて、蕾が残っているのに昨日からの雨で散り始めていました。ず~と、八重桜だと思っていたのですが、山桜みたいです。周りの老木と同様に立派なので同時に植えられた苗木に亜種が混じっていたのか?。チョット興味が湧いてきました。この木も鉄道施設に咲いているので、当然なんですけどチャンと保たないと・・・Paleo08041901

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月19日 (土)

デキ504牽引鉱石貨物列車

和銅黒谷、関西線カラー、急行さくら号と秩父谷の春は賑やかでしたが、今度は芝桜のシーズン。今日の画像は普通にデキ504が牽く鉱石貨物列車です。秩父鉄道では最新鋭?のデキ500形で503・504号機は1979年の三ヶ尻線が開通する時に増備されました。正面窓が大きくなったり、シールドビームの前照灯カバーが角形になったりと、201から502号機までの外観とはチョット変わっていますが、制御方式や走り装置はデキ300形以降あまり変化は無いようです。浅い切り通し区間に菜の花が咲いた小前田-桜沢駅間。ヲキを牽いてのんびりと走って行く姿は、秩父鉄道らしくて良いな~。最近、なかなかデキ100形の走行シーンを見られません。
Deki08041201

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月17日 (木)

夏の上越線を走った幻のC58363

 C58363号機が現役蒸気機関車として鉄道の本線上に復活したのは1988年の早春。私は復活前年の春、吹上小学校の校庭から復線したパレを高崎の転車台の傍らで初めて見ました。静かに佇む姿は、再整備を施す以前でしたが他の保存機とは違った美しさが漂っていて、これが20年を経てもゆっくりと快調に走るパレの元気の源かも。
 パレオエクスプレスを牽く秩父鉄道の蒸気機関車C58363号機。春から晩秋までは秩父鉄道を走って、検査や整備のために必要な冬季の閑散期にその委託先のJRへ出向くので、JR線を走った記録は貴重です。復活当初は埼玉県北部観光振興財団が所有しており、冬季の上越線をD51498と重連で走ったり、時には「おくとね号」やJRのイベント蒸機列車を牽くこともありましたが全てパレオエクスプレスの運行期間外の冬季でした。復活後21年目のC58363号機は、秩父鉄道が所有する機関車で、秩父鉄道の機関士さんが操る姿も定着してきました。ますます、秩父路の蒸気機関車として定着していますが、唯一の現役C58形ですから、JRにも操れる機関士さんが保たれるよう、これからはJR線上を走る機会が増えると良いな~
 7月上旬の濃緑が上越線を覆う季節、上州を走るC58363号機の姿は貴重なシーンかも。いまさら詳細は書かないけど。しかし、この時のパレは速かったな~。普段見ている姿とは違う形式?の機関車でした。P040708a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月16日 (水)

東武鉄道6000系快速電車

9826 チョット見ると8000系みたいな前頭ですが、DRCや5700系と同じで渋いツートーンの塗色。制御装置も抑速ブレーキ付きで客室扉は1両に2箇所でデッキこそ無いものの客室はボックスシート。私鉄版の165系電車でしょうか。日光と鬼怒川方面-浅草を結ぶ長距離列車に分割・併合して運用され、画像の列車は堂々6連。冷房装置は晩年まで搭載されませんでしたが、新製当時は国鉄の急行電車も非冷房でしたから。今日は東武鉄道らしい名車をアップしてみます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月15日 (火)

駅の電笠

Img_0505  鉄道の駅といえば構内の電化柱の天辺から照らしていた電笠。私が鉄道の資材(材料)や保守予算をチマチマと担当していた頃は、笠が緑色のホーローの器具が現役で、注文してたな~(歳がバレバレですけど。)電笠なんて言っても、現代じゃ解らないですよね。
 白熱灯の光を散らす笠の事でして、今でも田舎の外灯や地方民鉄の構内では現役で光ってますよね。材料掛の頃から少し時間が経ちましたが、久々に自分で物品請求したのは笠松電機の器具。確か材料掛をやっていた頃はマツダの電笠だったような。今のホーロー風塗装とは違う奇麗な琺瑯で、艶々した笠が魅力でした。(直ぐに蜘蛛の巣がはってしまうのですが。)Img_0510
 和銅黒谷駅の画像の第2段は電笠(電傘)です。ステンレスパイプ製のラッチが残っていて興醒めなのですが、嬉しいことに木製が良いとの後押しがあるので、近日中に改修しようと図面を引いています。当然ですが、懐かしくて、忠実な木製の改札口の柵を作ってみましょう。でも、余り費用がかかると現役の予算担当に迷惑をかけるので、材木の切れ端程度の材料でチマチマと・・・Img_0441

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月14日 (月)

ホウロウの駅名板

鉄道の駅名板や客車に吊下げられていた行先表示板といえば、昭和の良き時代は深い青地に白文字のホーロー板ですよね。これは深い青と上品な艶、盤の周辺が少し錆びてたりすると独特の旅情がありました。そんな昭和レトロに拘ったのが和銅黒谷駅の駅名板でして、駅名を標記した「和銅黒谷駅」の文字は期待以上の素晴らしいものでした。
Img_0506

待合室も白熱灯の乳白色の硝子セードに拘って、穏やかな雰囲気を求めています。現代ではとても暗く感じるのですが、木製の椅子に座って少し列車を待っていると、暖かくて明るい電球の光が眩しいはずです。汽車がゆっくりと通過するのに相応しい駅舎に仕上がったかな。Img_0435

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

急行芝桜号と硬券急行券

秩父鉄道恒例の芝桜号の運転が始まってます。4月12日から5月6日の間、6000系急行電車には芝桜号のヘッドマークが掲げられ、土曜・日曜・祝日は熊谷-影森駅間で臨時急行列車も運転中。臨時急行のダイヤは国電リバイバルカラーのお披露目運転と同じで、
○下り1007レ 熊谷発11時27分→長瀞発12時08分→秩父発12時23分→御花畑発12時25分→影森着12時28分
○上り1008レ 影森発14時02分→御花畑発14時05分→秩父発14時08分→長瀞発14時24分→熊谷着15時03分
です。1000系リバイバルの時みたいな三色並びはありませんが、和銅黒谷駅では本線に停車する上下普通電車を6000系急行が上下副本線を通過して交わす、通称「三倍交換」が観られます。4月12日から5月6日の間の土曜・日曜・祝日は臨時急行の他に熊谷-影森駅間、野上-影森駅間等では普通臨時列車の芝桜号も運転され、普段とは違う賑やかなシーンが見られます。お出掛けの際は秩父鉄道の公式ホームページでご確認ください。Deha08041205b
それから、急行芝桜号運転にあわせて芝桜のイラストが入った硬券急行券が4月12日から5月6日まで限定発売されてます。昔からの切符サイズの硬券急行券に6000系急行電車のイラストが赤色でスタンプされた雰囲気で、これは懐かしい感じでお勧めです。地方私鉄の硬券急行券なんて、今じゃ珍しいですよね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月12日 (土)

パレオエクスプレス最新画像

今日、4月12日のパレオエクスプレスは桜号が終わってヘッドマークなしのシンプルな姿に緑プレートでした。沿線は長瀞から奥では桜が持って、熊谷から寄居辺りでは菜の花が盛になっています。パレオは4/26から6000系急行に遅れて芝桜号として運転される様子で、5/3~5は恒例の鯉幟号です。今年は少しHM掲出が多いのかな。国電リバイバルカラーの話題が多かったし週末なので、今日の5001レの画像を追加アップしてみましょう。
Paleo08041201b

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

国電リバイバルカラー大活躍

今日の秩父鉄道は国電リバイバルカラーの1000系が大活躍。オレンジバーミリオンの1011編成、スカイブルーの1001編成、カナリアイエローの1012編成、ウグイスの1009編成が朝から運用に入って、日中も大活躍。6000系急行は今日から芝桜号のヘッドマーク、カナリアイエローの1012編成には和銅奉献1300年記念ウォークのヘッドマークが付いて、本当に賑やかでした。秩父路はいよいよ新緑の季節、春から初夏の景色に変わり始めています。今日の画像は先週から走り始めた通称「ガチャピンカラー」の1009編成と「和銅奉献1300年記念ウォーク」のHMを付けたカナリアイエローの1012編成です。オレンジとブルーは後日アップしてみます。
Deha08041203Deha08041202a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月11日 (金)

桜が持った

今日は電車で影森まで一往復。昨日の雨が嘘のような天気で、荒川の水も元に戻ってきました。沿線の桜は熊谷桜堤はかなり散ってしまいましたが、長瀞桜道は明日も見られそう。荒川鉄橋脇はまだまだ土日は見頃。花が散ってしまった平坦区間でも彼方此方で菜の花が見頃で、新緑も鮮やかになってます。明日の土曜(4/12)は朝からオールカラーが走りそうな予感がするし、沿線は景色も電車も一日中、凄く色鮮やかになりそうです。
P07_04_17_04c

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月10日 (木)

秩父谷は新緑の季節

 今日は花散らしの雨が一日中降って、明日まで残りそう。秩父谷は桜花が満開ですが、花が落ちています。今週末まで奥の方では桜花が持ち堪えるでしょうけど、チョッと傷んでしまうかも。暗い雨空の一日でしたが、秩父鉄道沿線では新緑が芽吹いています。晴れると淡い緑が鮮やかになりそうです。秩父羊山の芝桜も見頃が近付いています。GW期間はバッチリかな。今週末の4月12日から6000系急行には「芝桜号」のヘッドマークが掲出される予定。SL列車のパレオは今週末は緑プレートのままヘッドマーク無で、来週末から「芝桜号」で、続いて「鯉幟号」のHMが掲出される旨が秩父鉄道ニュースで公表されています。
 いよいよ、新緑と菜の花が鮮やかな季節。
>新緑の写真が撮れたら、見せてもうらおうね。
SL PALEO'S NEWS SITEは厳しいな~
P07_05_05_01a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

上信電鉄デハ21

77080401a_2  上信電鉄の高崎駅構内に留置中のデハ21。撮影記録では1977年8月の撮影で、当時の地方民鉄らしい姿が良い感じの電車です。デハ21号は古い木造車を鋼体化した電車と記憶してますので、隣の秩父でしたら100形電車と同じでしょうか。
 当時はまだまだ主力だったデハ20形は4両程?あったようです。画像の21号は22号車以降とは違って、車体に吊下げられた尾灯の器具や鋼体の古い構造が魅力。丸い行先表示盤やフェルトの屋根も懐かしい。でも、前頭の運転側と貫通扉、側面の客室扉の窓はHゴム支持で他はアルミサッシ。側窓は大きな一枚窓で立派です。見返してみると、力が入った車両に思えます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月 9日 (水)

ガチャピン塗色

 遂に4月5日から秩父鉄道で走り始めたウグイス色の1000系電車。ウグイス色は昭和の山手線の電車の色ですからホンとに懐かしいけど、後に新製された103系から。国鉄制式101系(90系)がウグイス色で活躍したのは関西に進出した後。国電リバイバルカラーの1000系電車は、オレンジバーミリオン、スカイブルー、檸檬イエローと忠実に国電塗色を再現してますからウソ電ではなくて、前頭に黄色の警戒色をまとった関西線塗色で登場したようですね。ウグイスに黄色が春の秩父谷の景色には絶妙で、私の周りでは1000系ウグイスを「ガチャピン」なんて言ってます。Deha08041204_2
 そう言えば、そんな感じ。ガチャピン電車か~ なるほど・・・
 ガチャピン電車は初日しか撮っていないので、春の秩父路を走るオレンジバーミリオン、スカイブルー、檸檬イエローをまとめてアップしてみましょう。
Dsc_0087a
Dsc_0121aDeha08040506a にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月 7日 (月)

新潟色の旧型電車

秩父ネタが続いたので、チョッと変った画像を思い出してみました。雪景色の中でも目立つように派手なツートーンに塗られていた新潟の旧型電車。ここの70系は上品な横須賀線(スカ色)と同じ塗り分けでしたが、旧西武色を濃くしたような凄く特徴的なカラー。私が写真を撮り始めた頃は撮影できる時間帯に上越国境を越えて来る旧型電車は無かったのですが、スキーシーズンは国境を越えてきたような。そうそう、この頃は篠ノ井の80系も碓氷峠を降りてきてました。画像は1976年の夏に新潟に出掛けた時に撮った70系電車です。古いけど、今でも何処かを走ってる初代新性能国電より鋼体がしっかりしてそうです。隣の30系気動車もツートーンで懐かしいな~。Kuha76520803

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月 6日 (日)

秩父1000系ウグイスと桜とパレオの画像

Deha08040501a_2  長瀞の桜が見頃を迎え、昨日、今日と出掛けてみました。先週初めまでは蕾が多かった南桜道の桜花ですが、週後半の暖かさで一気に開いて、南桜道より遅い荒川鉄橋の袂の桜も今日は見頃になってしまいました。この調子だと、来週末の花吹雪と汽車の組み合わせは厳しいかな。
 昨日はアップできなかった秩父鉄道 国電リバイバルカラー第4段のウグイスをご覧ください。旧線路敷きの南桜道と現在の本線が沿う長瀞上り場内信号機の辺りで撮りました。桜道の桜は8分咲きで線路築堤には菜の花が満開。三色で終わると思った秩父鉄道の国電リバイバルカラーですが、オレンジ・ブルー・イエローに続いてウグイスが登場。ウグイス色の国電は山手線のカラーとして馴染み深いのですが、国鉄時代に首都圏で活躍したウグイス塗色は103系から・・・ということで、関西で活躍していたウグイス塗色のリバイバルとなりました。
Paleo08040601a  起点側の橋台の袂に桜が咲く荒川鉄橋。昨年、鋼板桁が塗り替えられて、鮮やかな雰囲気になりました。5月17日までC58363は緑色のナンバープレートで走り、4月12日から5月6日の間に運転される急行電車は「芝桜」号のヘッドマークを掲げて運転です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月 5日 (土)

秩父ウグイス(国電リバイバルカラー ウグイス)初日

Paleo08040501   暖かい日が続いて、秩父長瀞辺りの桜花が見ごろになりました。今朝の桜道で八分咲き位かな。荒川橋梁の袂の桜は桜道より少し遅いので、来週末が華吹雪かも。今日は桜花が見頃のうえにウグイスの初日で、沿線は大賑わい。私は長瀞駅上り場内信号機から70メートル程終点方で、浅い築堤下から3時間ほど列車を定点撮影してみました。今日は初日のウグイスのほか、イエロー、スカイブルー、オレンジが走っていて、ホンとに賑やかでした。Deha08040503a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年4月 1日 (火)

今日から和銅黒谷

 今日から黒谷駅が和銅黒谷駅に改称。先月から傷んだ駅舎の補修に係わってましたが、一段落。経年したセメント瓦は下地の補修と併せて黒系の陶器瓦に葺き替え。木造の駅舎は柱を補修して、壁板も一部張り替え。
 幾度か通った大井川鐵道田野口駅を参考に木造駅舎の良き時代を再現してみました。木の地肌を活かせる程の修景は無理で、駅舎の修理を目的に壁板は濃い茶色、木製建具は少し緑っぽい茶色、くすんだ漆喰は艶消しの白色に。
 元々、電気屋ですから駅舎の軒先と「和銅黒谷駅」の駅名板を照らしている電笠(マウント)は大阪の笠松電機製作所の白熱灯ブラケット器具に口金がスマートで電球と同じように光る東芝の「ネオボールZリアル」蛍光灯を仕込んでいます。待合室を照らすペンダント(吊下げ式電灯器具)は墨田区の後藤照明㈱で作っている透明外消しガラスに穏やかな模様が見事な乳白色のセードにネオボールZリアル」。ついでに待合室の壁には茶色半艶の桂材で作られた振り子付き時計でウズボン打が魅力のリズム時計工業㈱製の掛時計を吊るしています。しかし、最新の電球型蛍光灯は凄くリアルで驚きました。
 和銅黒谷駅の画像は何れアップしてみますが、とりあえず昨年撮った黒谷駅での三倍交換シーンです。駅舎は公式ページの工事途中の画像をご覧ください。
 それから、記念グッズも発売されて、地元の方々には好評な様子です。Deha07_10_14b

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31