メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 秩父鉄道 わくわく鉄道フェスタ 追加報告 | トップページ | パレオエクスプレス 初夏の最新画像 »

2008年5月26日 (月)

線路際の黄菖蒲

Paleo08052502

 わくわく鉄道フェスタが終わって、す~かり気が抜けてしまって、久々のWeb Log更新です。
特快はお楽しみいただけたでしょうか。
 いよいよ雨を待つ季節ですが、秩父鉄道の沿線でもこの季節、ジャーマンアイリス(ドイツあやめ)が彼方此方で咲いています。
乾いた場所で育つし、長く咲いて花は鮮やかだし、園芸用には人気があるようですが、静かな季節にはチョッと派手過ぎるような。水辺に咲く、国産園芸種の花菖蒲は小鹿野町の両神花菖蒲園でこれから見頃を迎えます。10,000株の花菖蒲が棚田を利用した花しょうぶ園に咲きます。
 線路沿いで花菖蒲を見るのは難しいのですが、黄菖蒲が咲く所はあります。ヨーロッパ原産だそうですが、今では湿地や水辺に自生しているようです。扇状地の頭頂部の険しい地形から秩父盆地に変わる波久礼駅先のこの辺りは山の水が集まるようで、彼方此方に黄菖蒲が咲いていました。路盤や道床は水が大敵なんですが、湿地や水辺に自生する黄菖蒲が線路際にも咲いていて・・・でも、年々、水路や側溝整備が進んでいて、この辺りもコンクリート製の側溝が敷設されてしまいました。何時まで、線路際で黄菖蒲が咲くのか・・・
樋口駅先に咲くジャーマンアイリス(ドイツあやめ)もアップしてみます。Paleo08052503 

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 秩父鉄道 わくわく鉄道フェスタ 追加報告 | トップページ | パレオエクスプレス 初夏の最新画像 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/41329433

この記事へのトラックバック一覧です: 線路際の黄菖蒲:

« 秩父鉄道 わくわく鉄道フェスタ 追加報告 | トップページ | パレオエクスプレス 初夏の最新画像 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30