メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« Hydrangea otakusa & Paleo Express 秩父鉄道 | トップページ | 影森登り 秩父鉄道のパレオエクスプレス »

2008年7月 6日 (日)

秩父鉄道 C58363 レイニーシーズン ラスト

今日の秩父谷は朝から蒸し暑くて、盆地の中が湿気で覆われてしまったような。パレオが熊谷駅を発車する頃には7月上旬とは思えない暑さになって、本当に「暑いぞ熊谷」のフレーズがぴったり。
Rainy Season Paleo Expressの最終日ということで、大麻生-明戸駅間の田んぼが見渡せる定番撮影地へ出動。パレオが来る30分程前に着きましたが、撮影される方は少な目で、線路際から正面気味に構えている様子。私はサイド気味に広角で狙ってみました。構図を決めていると背景の住宅が凄く気になるのですが、デハだと完全に列車で隠れて、パレオでもボイラとキャブで気にならない程度に隠れてくれます。
Dsc_0163a

パレオは大麻生で少し遅延気味の上り1000系と交換。歯切れ良い排気音(マックスの50km/h巡行?)で緩勾配の直線を走ってきました。この陽気ですから煙はぽよぽよでしたが、気持ち良い排気音が聴けました。次はパレオとパレナのヘッドマーク狙いで波久礼駅の先へ。山並みを背景に撮れる場所で、国道脇から撮りましたが意外と長閑な感じ。ここも煙は出ませんでしたが、気軽に撮れるし、雨の日だったら白煙は確実。再挑戦したい所が増えました。Dsc_0166a_2

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« Hydrangea otakusa & Paleo Express 秩父鉄道 | トップページ | 影森登り 秩父鉄道のパレオエクスプレス »

秩父鉄道 パレオエクスプレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/41755260

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉄道 C58363 レイニーシーズン ラスト:

« Hydrangea otakusa & Paleo Express 秩父鉄道 | トップページ | 影森登り 秩父鉄道のパレオエクスプレス »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30