メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

湘南フェイス(正面二枚窓の半流線前頭)

 七月下旬の丁度、梅雨明けの翌日。
大井川鐵道で撮った旧南海ズームカーです。抜里駅から大井川に架かる鉄橋の手前まで歩いて、築堤の法面に咲く野カンゾウと汽車を絡めて狙おうと構えたのですが、イマイチ定まらないうちにズームカーが来ました。列車の正面に花が重なっちゃって煩いのですが、築堤に咲く野カンゾウのバランスは本番の汽車の時より良い感じで。汽車と景色・・・バランスが難しい。Dsc_0093a
 21001系は巧みな湘南スタイルの前頭デザインと転換クロスシートが魅力で、客室内の蛍光灯器具も当時は豪華だったのでしょうね。日輛製ではありませんが、好ましい湘南スタイル(湘南フェイス)が大好きな型式です。7月19~20の大井川鐵道の様子はTrain's Photo Galleryにアップしてます。お時間が許せばご覧くださいね。Dsc_0052a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月30日 (水)

パレオエクスプレスとチョッとヒマワリ

陽炎のような排気を燻らせて、快調に走っているC58363号機。今年の夏は手強くて、迷いながら撮ってます。朝の急行で気になってた明戸の向日葵。行ってみると線路に近いし、天気はイマイチ。もう直ぐ来ちゃうし、強引に撮ってみました。気が抜けたシーンですが、たまには良いかも。少しづつ天気も落ち着いている様子ですし、今週末は夏空の荒川鉄橋が撮りたいな~Dsc_0128

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月29日 (火)

秩父SL写真コンテスト

 秩父鉄道が主催している第5回秩父鉄道写真コンテストはC58363が牽くSL列車パレオエクスプレスを題材にしたSL部門と秩父鉄道沿線の自然・風景・祭事等題材にした観光部門でそれぞれフィルムとデジタルの作品を募集していますが、締切の8月3日が迫ってきました。SLパレオ部門では、迫力あるC58363の雄姿から季節感溢れる秩父路の景色を走る列車写真、パレオを囲む他の人達の楽しいシーン等、過去には色々な作品が発表されています。秩父鉄道の公式Webで詳細をご確認のうえ、是非、応募されてはいかがでしょうか。
・・・と、指示どおりのお願いです。Train's Photo GalleryのHome Pageの画像も7月20日に撮ったC5644からC58363に変更。皆さん、是非パレコンに応募してくださいね。
 先週末から夕方になると秩父谷から県北には雷様が続々とやって来て、ホンとに一時はどうなる事かと思いましたが持ち堪えてます。7月26日は久々にパレオを撮影に出動。気まぐれに買ったAiAF ED70~300mm F4.5~5.6 VRⅡを持出して、沿線一番の見せ場の荒川鉄橋を狙ってみました。ここなら少しは煙が期待できると思っていたのですが、上長瀞駅を進出して鉄橋上に姿を見せたパレオは完全燃焼、絶好調の通称?「陽炎エクスプレス」・・・Paleoでした。思わず 画面から煙突がはみ出すまで引き付けて、指導役の機関士さんを撮ってみました。開放F値は暗いけど軽いし、レンズ内モーターでAFは速いし、450mm相当でもVRでブレないし、デジカメに着けるには便利かも。Dsc_0138a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月25日 (金)

茶色の箱形電機 大井川鐵道

 地方民鉄の貨物輸送で活躍していた45~50t級の箱形電機。秩父では今でも1000トン鉱石貨物列車を牽く主力ですが、大井川鐵道では茶色の車体の箱形電機が3両活躍していて、SL列車の後部補機や回送、臨時客車列車の牽引が任務で、なかなかいい感じで走っています。
Dsc_0043a  先ずは日常的に観られるSL列車の後部補機です。抜里-川根温泉笹間渡駅間の大井川第1橋りょうを行く「いぶき」501号機。何といっても茶色一色の車体のデッキ付き箱形電機が旧客を推す姿が最高です。501号機は昭和31年日立製作所製で秩父のデキ100形と同じ50t電機です。
Dsc_0058a  新金谷駅でビール列車の先頭に立っているのはE10形101号機で、昭和24年に三菱製の機関車。自重45tで出力は600kw、丸味を帯びた車体が独特です。豪快な歯車音を響かせて走るデッキ付き箱形電機が日常的に観られるのも大鐵の魅力でしょうか。Dsc_0057a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月23日 (水)

白熱灯が灯る現役客車

Dsc_0072a  旧客といえば10系軽量客車より前に作られた半鋼製客車や木造車体を台枠に積んだ客車と思っていますが、大井川鐵道のオハフ33215はニス塗りの客室と白熱灯照明が貴重で、これが現役でSL列車に牽かれてるのだから堪りません。でも、日中運転されるSL列車ではオハフ33215に出会えるチャンスは少ないし、隧道の中でしか電灯の灯りを楽しめません。
Dsc_0083a  大井川鐵道で7月下旬から8月中旬にかけて運行が予定されているビール列車は、茶色の箱形電機が和式(お座敷)客車、展望車の他に控車としてオハフ33215を連結することがあり、今年も出掛けてみました。特に往復ともオハフ33215に乗せていただいて、ビールが飲み放題。私の肝臓からキャー・キャーと黄色い悲鳴が響く程、飲んでしまいました。
Dsc_0070a  やっぱり、お酒パワーは絶大でして、チョッとフラフラしながら1/10sec手持ちで、それほどプレないで電灯が照らするニス塗りの赤く染まった客車内をゲット。やっぱり、VR仕様のNIKON Ai-AF ED を買うより、ブレ対策はお酒ですよね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月22日 (火)

大井川鐵道を走る電車たち

Dsc_0105a_2  旧京阪電鉄のテレビカー3000系の他にも、大井川鐵道では魅力的な電車に乗れて、撮れました。真空管に代わってトランジスタが最先端だった頃、客室にカラーTVを装けた京阪電気鉄道の特急車3000系。
Dsc_0031a_2  レベル区間を高速度で快走し、急勾配区間を強力な電動機とダイナミックブレーキで巧みに駆ける南海電気鉄道の21001系ズームカー。
Dsc_0018a_2  優雅な塗色と裾が絞られた重圧な車体が魅力の旧近畿日本鉄道の狭軌線用特急車16000系電車。何れも魅力的で、川根路の景色を走る姿が絶妙でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月21日 (月)

大井川鐵道 旧京阪3000系 テレビカー

Dsc_0012a  昨年の8月以来、一年弱を経て出掛けた大井川鐵道は、丁度、梅雨明けが発表されて蒸し暑い二日間でした。7月19日の9時前に金谷駅へ着くと、前回でかけた時には家山駅に留置されていて先が気掛かりだった旧京阪3000系テレビカーがホームに入ってきました。朱色と黄色の鮮やかなツートーンと曲面ガラスを用いて貫通扉を配した前頭デザインと、ホンとに実用的で昭和モダンを感じる客室。
 関西の民鉄の勢いを感じる電車で、営団地下鉄からの発生台車を履いて、制御器は並列段と発電制動をカットしている様子ですが、少しでも永く走ってくれると良いな~
 下の画像は7月20日の抜里駅で、昼過ぎのトップライトの下、長閑に走ってきた千頭行き普通電車です。大鐵に譲渡されたのは1編成2両のみで、この先は厳しいでしょうけど、長閑で雄大な景色、南アルプスの懐を走る暖かいツートーンの電車は貴重です。Dsc_0099a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月20日 (日)

大井川鐵道 タイ国鉄仕様 C5644号機

Dsc_0104a 私が大井川鉄道に通って汽車を撮っていたのは昭和の終わりの頃で、主力のC11227号機の検査が施される冬の閑散期は客車3両を持ったC5644が走っていました。56108_2 太平洋戦争中に軍事供出され泰緬鉄道を走り、そのままタイ国鉄の700形735号機となった機関車で、日本に戻って大井川鉄道で走っていました。近年、経年劣化のためか第一線から退いていたのですが、タイとの修好120周年を記念してタイ国鉄の外観に復元されて昨年10月から再び走りはじめました。撮りたいと思っていたのですが、やっと出掛けてきました。真紅のカウキャッチャーを正面から撮って、テンダーの文字を横から狙って・・・なかなか充実した二日間でした。Dsc_0124a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月13日 (日)

猛暑・・・梅雨晴れのパレオエクスプレス

Paleo08071301_2  昨日は波久礼先の力行区間で狙ったけど、薄い紫煙。雨の日にでもリベンジする事にして、今日はパレオエクスプレス一番の魅せ場の荒川鉄橋へ。河原は観光やカヌーやラフティングを楽しむ人達で賑やか。当然、鉄橋を渡る時は長い汽笛とそれなりの煙を期待したのですが、さり気無い排気で逞しく渡って行きました。
 今週末はパレオエクスプレスの前後に国電リバイバルカラーも撮れなかったし、チョッと拍子抜け・・・。今年の夏は、煙狙いよりもパレオと夏景色を絡めて撮るのが良いのかも。Deha08071301

パレオエクスプレスの他にもオリジナルカラーの1000系電車をアップしてみましょう。この編成も外観がきれいな1007編成です。しかし、国電カラーや最古参の元90系、1000系第6編成が来ないな~

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

パレオエクスプレス 猛暑の秩父路

Dsc_0173b 昨日、7月12日の秩父路は朝からお日様が顔を出して、パレオエクスプレスを待つ頃には沿線は30℃を超える猛暑。紫陽花は萎れてしまいましたが、オレンジ色のカンゾウの花が彼方此方で咲いています。レイニーシーズン パレオに続いて波久礼駅先で待ちましたが、煙は無。力行しているのですが・・・梅雨明けから暫くの間、パレオの煙は厳しそうです。
7月20日(日)のパレオエクスプレスは5001レ・5002レとも熊谷のうちわ祭りに合わせて、「熊谷うちわ祭号」のヘッドマークを掲げて運転。羽生10:12発の6000系急行は秩父の川瀬祭りに合わせて「秩父川瀬祭号」ヘッドマークが掲げられる予定です。今年・来年と秩父川瀬祭が土日に当たってパレオの運転日で、デキ ファンの皆さんが期待されている客車列車の「秩父川瀬祭号」はありません。もう一枚の画像は、久々に1000系のオリジナルカラーの1003編成。1000系の中でも外観、特にカッティングシートの帯が綺麗です。Dsc_0170a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月 7日 (月)

影森登り 秩父鉄道のパレオエクスプレス

汽車と言えば盛大なガスサーキットからの排気が魅力で、限られた燃焼ガスから極限の力を生み出すため、チョッとの不完全燃焼なんて織り込み済みのボイラ。至る所に公表されてる山口線のC571号機の雄姿を観ると、爆煙に魅了されてしまいます。なんであんなに煙を噴き上げながら走れるのか・・・過熱管が入っている大煙管の煤は大丈夫なのかな。小煙管だけ突いても大煙管の通風が落ちゃバランス悪そうだし、気吹きだけじゃ煤が取れないかも。最近は少し控え目な煙のパレオですが、煙の定番の影森登りをアップしてみましょう。
梅雨が明けると一層排気に期待できないし、作戦を考えないと・・・
Paleo

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月 6日 (日)

秩父鉄道 C58363 レイニーシーズン ラスト

今日の秩父谷は朝から蒸し暑くて、盆地の中が湿気で覆われてしまったような。パレオが熊谷駅を発車する頃には7月上旬とは思えない暑さになって、本当に「暑いぞ熊谷」のフレーズがぴったり。
Rainy Season Paleo Expressの最終日ということで、大麻生-明戸駅間の田んぼが見渡せる定番撮影地へ出動。パレオが来る30分程前に着きましたが、撮影される方は少な目で、線路際から正面気味に構えている様子。私はサイド気味に広角で狙ってみました。構図を決めていると背景の住宅が凄く気になるのですが、デハだと完全に列車で隠れて、パレオでもボイラとキャブで気にならない程度に隠れてくれます。
Dsc_0163a

パレオは大麻生で少し遅延気味の上り1000系と交換。歯切れ良い排気音(マックスの50km/h巡行?)で緩勾配の直線を走ってきました。この陽気ですから煙はぽよぽよでしたが、気持ち良い排気音が聴けました。次はパレオとパレナのヘッドマーク狙いで波久礼駅の先へ。山並みを背景に撮れる場所で、国道脇から撮りましたが意外と長閑な感じ。ここも煙は出ませんでしたが、気軽に撮れるし、雨の日だったら白煙は確実。再挑戦したい所が増えました。Dsc_0166a_2

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月 3日 (木)

Hydrangea otakusa & Paleo Express 秩父鉄道

0206113_2  お滝さんの花、Hydrangea otakusa。
紫陽花の名には昔からチョッと粋な印象があります。私はこの時期に咲く花をWwb PageやWwb Logで"雨を待つ花"なんて表すことがあるのですが、ホンとに風情がありますよね。
 汽車と絡めると、強引なアウトフォーカスで、花が汚くなっちゃう事も・・・難しい季節、天気で綺麗に観える鮮やかな花です。

Paleo08062902

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年7月 1日 (火)

秩父鉄道 ☆七夕エクスプレス☆

 梅雨時期の空が鬱陶しい日が続いていますが、今日から7月。もう直ぐ、賑やかな夏がやってきます。田植えや梅雨時期の花も風情があって良いけど、今月は七夕や沿線のお祭りで沿線が賑やかになります。秩父の川瀬祭りや熊谷のうちわ祭りは急行やSL列車にヘッドマークが付きますが、今年は川瀬祭りの日がパレオの運転日。デキが牽く川瀬祭り号は無いようです。
 七夕といえば、過去には ☆七夕エクスプレス☆なんて言うのもありました。0207072a この年からパレオのちまちました企画やヘッドマークが増えて、SL列車の客車内が賑やかになって、その後は運転日も増えていきました。七夕エクスプレスのヘッドマークデザインは当時としては凄く斬新というか大胆というか、撮ってて面白かったヘッドマークです。
 それから、シックなワインレッドを基調にテルテル坊主やカタツムリ、傘や虹が年毎にデザインされていたレイニーシーズンのヘッドマークも良かったな~
初年は有り合わせのパレオの画像に紫陽花を合成されて、パレオと紫陽花を絡めたカットに拘ったり・・・今でも紫陽花の時期に良い具合に雨が降るとその気になって出動する癖が抜けません。
 ま~、そんな話題もボチボチと時効になったら書いてみましょう。今日の画像は、趣味の世界に近い☆七夕エクスプレス☆です。デザイナー?はこちらです。02070732a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30