メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 下北交通大畑線 キハ85形(旧国鉄キハ22) | トップページ | ネタ切れですがパレオエクスプレス »

2008年9月 1日 (月)

ナハフ1200形 津軽鉄道のクハ改造客車

 津軽鉄道と言えば冬の風物詩「ストーブ列車」ですが、最近はダルマストーブ付きの旧客に乗るにはストーブ列車料金が必要になって、料金が不要の気動車が編成に併結されるようです。
 先日は2400形気動車4連の画像をアップしましたが、津軽鉄道といえば朝晩の通学(通勤)旅客のために運転されていた客車列車も貴重でした。私は1995年に3度程、津軽鉄道に出掛けたのですが、2400形気動車の3連または4連が運用されていて、朝夕の客車列車は見られませんでした。客車列車に使われていたオハフ33形1両とオハ46形2両の他に、1928年に川崎造船所で造られた旧西武鉄道クハ1151形を客車に改造したナハフ1200形が1~2両混じって4連が組成され、ロッド式の内燃機関車が牽引していたようです。
 1995年6月13日、毘沙門駅の先で待った朝の列車はキハ2400形の4連でしたが、弘南黒石線へ移動する途中で覗いた五所川原の機関区には客車が4両連結で組成されていました。ナハフ1202・1203は整備直後のようで塗装も鮮やか。ホームを隔てて小さく見えるナハフ1201は少し色褪せていましたがサボが差し込まれたままで、まだ現役の様子。あれから10年以上過ぎてしまいましたが、津軽半島のナハフは今でも残っているのかチョッと気になります。95061308

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 下北交通大畑線 キハ85形(旧国鉄キハ22) | トップページ | ネタ切れですがパレオエクスプレス »

気動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/42348841

この記事へのトラックバック一覧です: ナハフ1200形 津軽鉄道のクハ改造客車:

« 下北交通大畑線 キハ85形(旧国鉄キハ22) | トップページ | ネタ切れですがパレオエクスプレス »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31