メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

津軽鉄道 冬 キハ22

今となっては懐かしくて、とても貴重なシーンなんですが、撮った時にはストーブ列車の序でして、何気なくシャッターを押しました。津軽鉄道を走っていた国鉄譲渡車両のキハ22形で、1995年1月24日の朝、毘沙門駅から道路を歩いて、景色が開けた所で田んぼに雪が積もった雪原に踏み込んで撮りました。ポジを汎用スキャナでデジタルデータ化した難あり画像ですが、今日は1,280×852の大き目のサイズでアップしてみますので、壁紙なんかに適当にサイズ変更してお楽しみいただけると幸いです。この頃の放浪癖が懐かしいな~。95012401

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月28日 (日)

華 パレオエクスプレス 影森登りに再挑戦

Paleo08092801b  今日の秩父鉄道沿線は日中も肌寒い程で、最高気温は20度を割り込んだ18度くらいだった様子です。昨日の影森登りは画質がイマイチ気に入らなかったので、5002レの影森登りだけ、再挑戦してきました。結果は慎重にピントを合わせたので昨日より良いけど、イマイチです。
 この前衝動買いした最新の70-300mmは人気があるし気軽に撮れて最高なのですが、300mm近辺までズームすると絞り開放では画像が厳しいようで。人気のレンズで期待していたけど、やっぱり高倍率ズームは私には厳しい道具なのかな~。少し前に80~200mmで撮った時は華パレオのヘッドマークの描写にも満足できたのですが。撮り方が悪くてプレているのか、フォーカスがズレているのかも定かではありませんが、この人気のレンズは、私には使いこなすのが難しい、強敵のようです。Paleo28

今日のヘッドマークの拡大

Paleo15

先日のヘッドマークの拡大

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

奥秩父発浪漫列車 華パレオ 煙編

Paleo08092702 昨日に続いて、奥秩父発浪漫列車 華 パレオエクスプレス
秋晴れで沿線は賑やかになって、人気の撮影地では久々に煙が観られました。今日の秩父鉄道沿線は朝から曇り空で肌寒い感じ。残念ながら秋晴れは一日だけでした。Paleo08092703

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月27日 (土)

奥秩父発浪漫列車 華 パレオエクスプレス 後半

Paleo08092701a 今日の秩父谷は朝から青空で、大きな雲が流れていましたが、一日中明るい空が広がりました。奥秩父発浪漫列車 華 パレオエクスプレスも明日が最後。鮮やかな色調でシックなデザインのヘッドマークを狙って、出掛けてみました。今日は色々あって、慌ただしい気分で撮ったので、チョッと雑味のある結果でした。Paleo08092704a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月24日 (水)

曼珠沙華とパレオエクスプレス

 昨日は曼珠沙華が盛りの上長瀞駅辺りを行く国電リバイバルカラーのウグイスと6000系急行秩父路をアップしましたが、今晩は本命のC58363パレオエクスプレスです。この辺りは桜花と曼珠沙華が咲く頃は凄い人気で、私は近寄ったことがありませんでしたが、最近は陽炎エクスプレスで人出が少ないし、初めて曼珠沙華の時期にパレオを撮ってみました。朝の8時過ぎに着くと良いポジションには三脚があったのですが桜の老木の傍が空いていて、構えてみると編成は桜並木に遮られてしまうのですが、肝心の曼珠沙華は綺麗に入りそう。おまけに、煙が出なくても架線柱とビームが目立たないし。待つこと3時間、やっとパレオが撮れたけど、煙はポヨポヨでした。Paleo08092301b
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月23日 (火)

今が盛り 上長瀞の曼珠沙華

Deha08092301b  秩父鉄道沿線では曼珠沙華が盛りです。特に沢山咲くのが長瀞-上長瀞駅間の上長瀞駅の直ぐ近くで、浅い切り通し区間になっています。ここは切り通しの法面の上が桜並木になっているので、桜花の時期も凄い人出ですが、今日もカメラを持った方達で賑わっていました。
 曼珠沙華は桜の木に沿って1列、切り通しの法面にもう1列。2列になって咲いていますが、桜の木に沿った上の列は盛りを過ぎようとしています。今週末は華パレオエクスプレスですが、法面に咲いている下の列だったら持ち堪えるかな?
 宝登山ロープウェイ山麓駅近くの長瀞「不動寺」の周辺には、約7,000株の曼珠沙華が植えられていて、珍しい白色の曼珠沙華もあります。Deha08092302b

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月21日 (日)

台風一過の秩父鉄道 荒川鉄橋

_dsc0043b  昨日は台風一過の青空が広がったので急遽、荒川鉄橋に出掛けてみました。気温が高く、台風が去っても湿った空気が残っているのか、空にはどんどん入道雲が湧いていて、真夏の空。パレオエクスプレスが通過したお昼前からは雲が多くなってしまいました。画像は6000系急行と1000系国電リバイバルカラーのウグイス関西線塗色です。
 上長瀞の彼岸花が盛りを迎えています。今日は天気が悪いし、23日まで持つようでしたら、煙を期待して出掛けてみようと思っています。彼岸花は晴れると萎えるし、降ると色褪せるし、気になるな~_dsc0044b

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月19日 (金)

良い感じの鉄道イベント

 奥秩父発浪漫列車 華PALEO EXPRESS
略して華パレは良い感じのイベントかもしれません。地方鉄道を盛り立てるのは沿線にお住まいの方々でして、イベントに参加されている方々が駅に集って楽しく過ごせれば、後につながります。先ずは、参加されている皆さんが楽しんで、次回につなげれば最高なのかな。
 関東沿岸に台風が近づいて明朝から荒れそうですが、次回の"華パレ"は秋晴れが叶うといいな~。沿線は真紅の彼岸花が咲きはじめました。上長瀞は今週末から来週末が見頃かな。_dsc0034a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月15日 (月)

浪漫列車「華パレオエクスプレス」最新画像

 初秋の涼風が吹き始めた秩父路は穏やかな景色。秩父鉄道の沿線は稲穂が色付いて秋の草花が咲いて、ゆっくりと汽車の旅を楽しむには絶好の時季です。SL列車パレオエクスプレスの客車内には色とりどりの草花やドライフラワーが飾られて、レトロ調のへッドマークを掲出した「奥秩父発浪漫列車 華パレオエクスプレス」が9月13日(土)から走っています。今後の「華パレオエクスプレス」の運転日は秩父鉄道公式Web Pageでご確認ください。Paleo08091501a
 今日は一日曇り空でしたが、華パレを狙って出動。先ずは樋口駅先でシグマ28-70mmF2.8EX DGを試し撮り。なかなか良い感じでしたが、出来上がりの色調はこれから馴れないと。今日は久々に一期生の操縦だし、時折吹く風は涼しいし、煙を確信して次は白久のカーブに移動して縦位置で待ちました。
 涼しい風が吹くと白煙が期待できるし、もうすぐ曼珠沙華が咲きます。Paleo08091502_2

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月14日 (日)

白煙の大井川第三橋梁

 日中は蒸し暑かったのですが夕方から涼しい風が吹いて、埼玉県北は夜になって小雨が降って冷え込んでます。連休最終日は一日曇り空で、お昼頃は一時お日様が顔を出しそうで、すっかりネタ切れになったパレオを狙って出掛けてみようかな。汽車の魅力は煙だけど最近のパレオは陽炎気味で、これからの季節は一生懸命走っている時の排気が白く変わるのを狙って。
 今年からデジカメに移行してD200で撮っていますが、タムロンのAF17-50mmF2.8 XR DiⅡとNikon AiAF ED80~200mmF2.8D、AiAF-S VR Zoom-Nikkor ED70-300mm F4.5-5.6Gで抜けていたのが50mm~70mm。35mmフィルムカメラ換算だと75mm~105mmで、この20mmの画角が抜けているのは意外と厳しくて、中玉に曇りが出てしまったTokina AT-X 270 AF 28-70mmF2.8に替えて、安価なシグマ 28-70mm F2.8 EX DGを中古で購入。明日は試しに使ってみようと思っています。シグマのレンズは25年以上前に一度だけ購入して以来ですが、フルサイズのディジタル対応だから周辺画質も余裕がありそう。
 今日の画像は白煙が綺麗な大井川のSL列車です。大井川第三橋梁を行く下り列車を左側から撮るのは意外とマイナーかも。C10814

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月13日 (土)

DMV(デュアル モード ビークル) JR北海道釧網本線 試験運行

Dmv070801  懐かしい地方ローカル線を走る気動車を紹介してきましたが、一気に最新の気動車?のDMVです。
 網走駅前から道路を走ってきて、浜小清水駅構内で金属車輪(前・後部ガイド輪)を出し、軌道走行点検中のJR北海道DMV1号。昨年の8月下旬に試験的営業運行に乗車した時の画像で、一年以上経っていますが、そろそろ公開してみましょう。釧路運輸車両所配置の911は日産のマイクロバスに軌道走行用のガイド輪が追加されていて、一見、以前からある軌陸車と同じですが、マイクロバスをベースに軽量化され、モードインターチェンジで軌道走行モードにチェンジする早業は凄かったです。
 私は、幅が約1メートル(JRや多くの地方鉄道が採用しているケージの1,067mm)に最大幅は3,000mm、最大高は4,100mm(JR在来線の一般的な車両限界)の車両が高速で走っている所が日本の在来線の凄い技術だと思っています。軌間の3倍の車体、それも最大高さ4メートル超の高い重心で、軌道側のカントや緩和曲線でバランスをとって走っています。道路を走る自動車のタイヤは車体幅とほぼ同じです。色々なメリットとデメリットが話題になっているDMV(デュアル モード ビークル)ですが、鉄道車両として根付くために克服するのが難しいのは、最終的には車体幅のような気がします。
 しかし、北海道は広かった。知床の自然は凄い・・・Dmv070802

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月11日 (木)

上信電鉄のシーメンス シュッケルト デキ3両ぞろい

気動車の話題を続けてアップしたので、今晩は気分を変えて電機です。1977年8月21日の上信電鉄 高崎駅の構内。1924年ドイツ SIEMENS-SCHUCKERT(シーメンス シュッケルト)社製のデキが3両揃っていました。その後ろには当時、高崎-南高崎間のセメント貨物輸送に徹していた大正12年東芝製で元は伊那電気鉄道の国鉄買収電機のED316の姿も。上信電鉄の電機が勢揃いして、なかなか貴重なシーンでした。今回もTrain's Photo Galleryにアップしている画像をリメイクして公開してみました。Jousindeki1

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月10日 (水)

キハ2210 弘南黒石線を走っていたキハ22

95061306 1984年11月に国鉄から転換された弘南鉄道黒石線。先日は小坂製錬の小坂線から来たキハ2100形の画像をアップしましたが、転換時に国鉄から譲渡されたキハ22形のキハ2210を紹介してみます。私が訪れたのは1995年6月で、元は1962年に新潟鉄工で製造されたキハ22128のキハ2210が走っていました。車内はデッキと客室の仕切りが撤去されてワンマンカー化されていましたが、弘南鉄道カラーに塗り替えられ、落ち着いた感じのツートーンが似合っていました。しかし、画像では分かり辛いのですが、車体の外板はかなり傷んで、裾部は腐食が進んでいました。この後直ぐに代替のキハ2100形が登場し、一回限りの撮影になってしまいました。DMH17Cを搭載していた気動車を追いかけて青森県の半島の津軽下北まで出掛けていたこの頃は本当に良い思い出でして、何時か再び、こんな距離感で鉄道を楽しみたいな~95061307a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月 8日 (月)

ポヨ・ポヨ・ポヨとパレオエクスプレス 秩父鉄道

_dsc0023a  今日の秩父谷は空気が澄んで初秋の雰囲気。今週末から、いよいよ「奥秩父発 華 パレオエクスプレス」で、9月も中旬になって秋の花が鮮やかになる季節です。
 昨日の午前中は久々の青空で、パレオエクスプレスを撮りに急遽、出掛けました。最初は荒川橋りょうで構えたけど、前日夕刻からの雷雨で流れが濁っていて難しかったです。その後は今年初めて白久先のカーブでに狙ってみました。ここは、背景の杉林がスッキリ剪定?され、白久駅の周りの古い民家が良い感じです。パレの煙は少しだけでしたが(ポヨ・ポヨ・ポヨと長閑なリズムが画像から解るような・・・)、汽笛とシリンダからの排気音は最高でした。
 帰りの5002レは影森登りで撮ろうと思ったのですが、構える直前にお呼出。諸事情で遅延して6000系急行電車と交換で三峰口駅を発車するパレオを見送る事に・・・転向するあの30分間ですっかりパテてしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月 7日 (日)

キハ42000形だった関東鉄道竜ケ崎線のキハ522+キハ521

95072502a 1995年7月25日に関東鉄道 竜ケ崎線で撮ったキハ522+キハ521。竜ケ崎線は常磐線 佐貫駅から竜ケ崎駅までの4.5Kmを走る短い路線で、佐貫駅から乗った列車はキハ532の単行でした。竜ヶ崎には小さな機関庫もあって、構内を横切る踏切からキハ522+キハ521が観られました。TR29らしい古い台車を履いていましたが、車体は新しくて関東鉄道らしい外観。気動車としては珍しい2両固定編成に改造されていました。元は鉄道省が造ったガソリンカーのキハ42000形(キハ07形)で、キハ522は昭和11年、521は昭和12年日本車輛製。琵琶湖の西を走っていた江若鉄道が廃止になった後に関東鉄道に譲渡され、この頃はラッシュ時に使用されるのみで、日中はお昼寝していたようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月 6日 (土)

HiSE 40‰の前面展望

 やっと週末で、秩父鉄道沿線はキバナコスモスをはじめ秋の花が咲いていますが、小雨模様です。大麻生-明戸駅間の田んぼは稲穂が出ているし、スッキリ晴れてほしいのですが。
 今週初めにチョッと出掛けた時、移動途中で撮った画像です。地下駅からマッコウクジラに乗って、色々と観察。途中駅で降りて所用を済ませた後はHiSEで本線の終着駅まで往復。30~40‰の前面展望はジェットコースターみたいで迫力ありました。_dsc0015a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月 4日 (木)

茨城交通 朝の4連 留萌鉄道+羽幌炭鉱鉄道+鹿島臨海鉄道

96031901 今回の画像は懐かしい茨城交通の朝の気動車列車で豪華な4連です。2008年4月1日から第三セクター会社の「ひたちなか海浜鉄道湊線」になりましたが、キハ20系列の気動車たちは健在の様子で、朝のラッシュ時には2連・3連が見られるとか。
画像は1996年3月19日の撮影で、平日に休みが取れて、夜明け前の高速道を走って那珂湊へ。噂に聞いたキハの4連、それも20系列の4連が来ることを信じてカメラを構えました。先頭は前照灯の横に並んだタイフォンが特徴の留萌鉄道から来たキハ2000形2005。次は運転室の窓の旋回窓が特徴の羽幌炭鉱鉄道から来たキハ22形。3両目と4両目は鹿島臨海鉄道から来た元国鉄キハ20形のキハ200形202・204とホントに豪華な編成でした。少子化で通学する学生さんたちは年々減っていて、地方民鉄の朝の活気は衰える一方で、これからも歯止めはかからないと思っていましたが、地球温暖化とか化石燃料価格の高騰で通勤旅客を主に定期旅客は追い風が吹いている気がします。3セクになって歩み始めた「ひたちなか海浜鉄道湊線」。地方鉄道が復権して、こんな長大編成が再び見られると良いのですが。96031902

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月 3日 (水)

奥秩父発浪漫列車 華 パレオエクスプレス

 8月中旬までの猛暑と、下旬の不安定な天気。今年の夏は大雨や雷様が強烈でしたが、チョッと落ち着いて、秩父谷に初秋の風が吹く9月がやってきました。
沿線にはちらほら秋の花が咲き始めて、これから紅葉のシーズンまでは、ゆったりと汽車の旅を楽しむには絶好のチャンス。お子様連れでパレオエクスプレスを楽しまれるには最高の季節です。
 今年は初めての試みで、「奥秩父発浪漫列車 華パレオエクスプレス」が運転されます。パレオの12系客車内は色とりどりの草花やドライフラワーで飾られて、C58363号機にはレトロ調のへッドマークが掲出される旨が、秩父鉄道の公式Webに公表されています。
奥秩父発浪漫列車 華パレオエクスプレス運転日は、9月13日(土)14日(日)15日(月・祝)27日(土)28日(日)です。詳細は秩父鉄道の公式Wwbでご確認いただき、是非、お出掛けになっては。P06090203

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月 2日 (火)

ネタ切れですがパレオエクスプレス

 今日は日帰りで信濃の国へ。お仕事なんで写真は何れ小出しにということで・・・
 8月下旬からの生憎の空と、快調なパレオ陽炎エクスプレスでWeb Logがチョッとネタ切れになってしまいました。先週は上長瀞下り場内信号機辺りから5001レを狙いましたが、見事な陽炎。アウトカーブからの正面狙いで、架線柱はインカーブ・・・丁度、煙突の後ろが架線柱になって、虫ピンを打った昆虫標本みたいな夏休みの宿題の「パレ標本」の完成・・・悲しい。
 ま~気を取り直して、少し前の新緑の季節。爽やかな緑の白久登りを行くパレオ5002レの画像をアップしてみます。ここは新緑の季節が本当に綺麗で、晩秋になると柿の実が彩りますが線路が山影に入ってしまうので、なかなか強敵です。今年もススキや柿の実が彩れば、少し冷え込んだ明るい曇りの日がベストになるかな。背景が近いですから、白煙が棚引けば映えるし。Dsc_0030_2

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2008年9月 1日 (月)

ナハフ1200形 津軽鉄道のクハ改造客車

 津軽鉄道と言えば冬の風物詩「ストーブ列車」ですが、最近はダルマストーブ付きの旧客に乗るにはストーブ列車料金が必要になって、料金が不要の気動車が編成に併結されるようです。
 先日は2400形気動車4連の画像をアップしましたが、津軽鉄道といえば朝晩の通学(通勤)旅客のために運転されていた客車列車も貴重でした。私は1995年に3度程、津軽鉄道に出掛けたのですが、2400形気動車の3連または4連が運用されていて、朝夕の客車列車は見られませんでした。客車列車に使われていたオハフ33形1両とオハ46形2両の他に、1928年に川崎造船所で造られた旧西武鉄道クハ1151形を客車に改造したナハフ1200形が1~2両混じって4連が組成され、ロッド式の内燃機関車が牽引していたようです。
 1995年6月13日、毘沙門駅の先で待った朝の列車はキハ2400形の4連でしたが、弘南黒石線へ移動する途中で覗いた五所川原の機関区には客車が4両連結で組成されていました。ナハフ1202・1203は整備直後のようで塗装も鮮やか。ホームを隔てて小さく見えるナハフ1201は少し色褪せていましたがサボが差し込まれたままで、まだ現役の様子。あれから10年以上過ぎてしまいましたが、津軽半島のナハフは今でも残っているのかチョッと気になります。95061308

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31