メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 黄金色の稲穂とパレオエクスプレス | トップページ | 秩父鉄道 りゅうせい号 »

2008年10月 7日 (火)

能登半島の気動車急行 能登路

88021201  1973年(昭和48)年10月には季節設定の臨時列車を含めて下り8本、上り10本が運行設定されていた急行 能登路。半島のローカル線としては凄い運行本数で、当時の能登半島の魅力は凄かったのでは。画像は1988年2月12日に七尾線 羽咋-千路駅間でC56160が牽く「ときめき」号の序に撮りました。馴れない旅路で、急行 能登に揺られ、七尾線に乗り継いで着いた羽咋駅。訳もわからず歩いた雪原を走って来た急行型気動車の6連は、当時見慣れた八高線の首都圏色とは違って、凄い風格でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 黄金色の稲穂とパレオエクスプレス | トップページ | 秩父鉄道 りゅうせい号 »

気動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/42717969

この記事へのトラックバック一覧です: 能登半島の気動車急行 能登路:

« 黄金色の稲穂とパレオエクスプレス | トップページ | 秩父鉄道 りゅうせい号 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30