メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 微妙な白煙、パレオ影森登り | トップページ | C58363 日野-白久駅間の難所中山のカーブを行く »

2008年11月 5日 (水)

君の名はパレオくん

 11月2日に取り上げてみた、11月9日(日)午前8:00~8:25(関東甲信越・静岡)に放送されるNHKの「小さな旅」ですが、正式に決定したようです。「君の名はC58」が正式な題名で、旅の番組ですが今回は秋の秩父路を走るC58363号機が主役を務める様子。脇を固めるのは国鉄時代からのベテラン機関士さんとその技術を受け継いだ秩父鉄道の新しい蒸機操縦士。沿線にお住まいのパレオファンの皆様方、そして汽車旅を楽しまれるお客様でしょうか。
 しかし、なんで「君の名はC58」なんでしょう。旅情とか汽車旅よりお子様に大人気がモットーの秩父路のSLパレオエクスプレスですから、やっぱり「君の名はパレオくん」のほうが似合ってると思うんだけど。
 と言うことで、今日の画像は普通のパレオくん。今年のパレオくんは極力煙を控えた正統派の走りで(気温が下がって、最近は力行区間での白煙は盛大です。)、西日本の「山口号」みたいな爆煙は見られません。荒川に沿った狭隘な地形に線路と道路が延びて、人々の生活空間が広がっていますので、「ばんえつ物語号」みたいな風光明媚な景色もありません。でも、地方鉄道として厳しい環境の中で生き残ってきた秩父鉄道には、人も鉄道施設にも、現代のJRや第三セクターとはチョッと違う雰囲気が残っているような気がします。そんな所が番組で紹介されると良いんだけど。汽車に乗って、この雰囲気が味わえるのは秩父鉄道と大井川鐵道だけです。今日は普通のパレオくんの最新画像で、11月2日撮影です。Paleo08110202_800

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 微妙な白煙、パレオ影森登り | トップページ | C58363 日野-白久駅間の難所中山のカーブを行く »

Chichibu-Railway Latest Information」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/43020236

この記事へのトラックバック一覧です: 君の名はパレオくん:

« 微妙な白煙、パレオ影森登り | トップページ | C58363 日野-白久駅間の難所中山のカーブを行く »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30