メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« チョイ悪新幹線 東海道100系 | トップページ | 500系W2編成 東海道新幹線「のぞみ」縦流し »

2008年12月20日 (土)

東海道新幹線グランドひかり JR西V3編成100系3000番台

[新幹線車両] ブログ村キーワード

 1985年に登場した新幹線36次車(後の100系電車)は鋭くなった流線型デザインと横2灯のライトが斬新で、2階建中間車も登場しました。主電動機は直流直巻電動機のままでしたが、制御方式は低圧タップ切替方式からサイリスタ位相制御に変更。台車は0系と同様で、客室内の設備やデザインは新しくなっていましたが、高速域で使う電気ブレーキは電動車が発電ブレーキで付随車は渦電流ブレーキと、新形式というより0系をマイナーチェンジした新幹線電車でしょうか。最後まで設計最高速度の275km/hは活かされず、運転最高速度は東海道220km/h、山陽で230km/hにとどまるようです。
19971213_100_v3_800
 画像はJR西日本所属のV3編成で、100N系と呼ばれた100系3000番台の「グランドひかり」です。9本が存在したV編成は、先頭車が電動車に変わって7~10号車に2階建ての付随車4両が連結され、8号車の2階は食堂車の豪華な編成でした。
19971213_100_g37_800
 次はJR東海所属のG37編成の「こだま」で、0系に代わって「こだま」運用の主力を務めていました。G編成は通称でしょうけど当時は100'系と呼ばれていました。8・9号車の2両が2階建ての付随車で、8号車の1階がカフェテリアになっていました。JR東海の標準として増備されましたが、後にG1~7が西日本に譲渡されました。東海所属の編成は白いJRマークが無く、スッキリとした外観は昔ながらの新幹線の風格がありました。
 東海道新幹線の営業列車は2003年に最高速度を270km/hに向上し、100系電車が東海道新幹線を走ったのは意外と短い期間でしたね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« チョイ悪新幹線 東海道100系 | トップページ | 500系W2編成 東海道新幹線「のぞみ」縦流し »

新幹線 -夢の超特急-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/43471551

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道新幹線グランドひかり JR西V3編成100系3000番台:

» eB0^79}DA^83X31bC5_53 [新幹線]
ブログのランキングサイトなんか調べて見ると、ここにも新幹線について書かれた記事... [続きを読む]

» eB0^79}DA063066069046088 [新幹線]
先日のことです。私の友人が教えてくれたんですけど新幹線についてたくさんの資料を... [続きを読む]

« チョイ悪新幹線 東海道100系 | トップページ | 500系W2編成 東海道新幹線「のぞみ」縦流し »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31