メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 雨を待つ閑かな時期 | トップページ | 明後日は秩鉄リバイバルカラー1000系初日 »

2009年5月27日 (水)

最後の森林鉄道 加藤製作所製DB1形の共演

 パレオと旧秩鉄リバイバルカラーのネタが続いたので、チョッと自分の嗜好を発揮してみましょう。大井川と言えば子供の頃、多彩というか強引な記念乗車券シリーズの通販にハマってしまい興味津々で、その後は本線で蒸機牽引列車の営業運行を手掛けて話題なって。鉄道雑誌で見る大鉄が憧れ、夢の鉄道路線なのは今も変わりません。
 大井川本線はホンとに大好きな路線で、近年は軌条や施設の整備が順調な様子で、長大橋梁の合成マクラギや手当が済んだ法面を見で焦りも???あまり焦ってるとお酒が進むので、井川線の話題ということで・・・
 大井川で見たかった井川線のDBが牽く列車ですが、私が大井川本線の蒸機牽引列車を撮りに出掛けられるようになった頃には主力から退いて撮れず終いでした。こんなシーンを撮ったのは団体臨時列車で、お誘いいただけた事に感謝しています。
 DBが今春、本線から引退して、そろそろ貴重なシーンを公表してみようと思っています。両国の機関区?に並ぶDB8とDB9は壁紙サイズです。

Db070405
それからもう一枚、真横から見たDBもご覧ください。DBは小さなL形の外観だけど、横から見たシーンが少ないんですよね。

Db070402

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

[井川線] ブログ村キーワード

[大井川鐵道] ブログ村キーワード

« 雨を待つ閑かな時期 | トップページ | 明後日は秩鉄リバイバルカラー1000系初日 »

大井川鐵道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/45150120

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の森林鉄道 加藤製作所製DB1形の共演:

« 雨を待つ閑かな時期 | トップページ | 明後日は秩鉄リバイバルカラー1000系初日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31