メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 秩父鉄道 秋の定番撮影地 | トップページ | 11月のパレオエクスプレス最新情報 »

2009年10月27日 (火)

小倉アイス と チョコバナナ 秩鉄リバイバルカラー

Paleo09102402a

 オレンジ・スカイブルー・カナリアイエロー・ウグイスと4色の国電リバイバルカラーの後から登場した1000系秩鉄リバイバルカラー。塗り分けの細かいところは気にしないで眺めると、やっぱり懐かしくなります。小豆とベージュのツートーンはホンとに落ち着いていてお洒落に見えて、特に真横から観た時の感じは阪急のマルーンに迫る品の良さを感じるような。(褒め過ぎですよね。)まったく想像ですが、もしかしたらこの塗色は昭和34年に登場した日輛製の湘南スタイルでクロスシート車の300形が最初なのかな。その後、同じ塗色で500形が完成し、100形にも採用され、後に入ってきた800形は貫通扉付きに合う前面デザインに少し変わったのかも。旧秩鉄カラーの小豆とベージュのツートーンのデザインは、半流線湘南スタイルの曲線を活かして車体幅を広く感じさせる微妙なデザインで、当時の車輛メーカーが絡んでいたとしか思えません。う~ん、最後の半流線湘南スタイルの6000系をこの塗色にすると素晴らしいと思っているのですが・・・

Paleo09102402b

 チョコバナナは1000系導入時に採用され、少し赤味が入った鮮やかな黄色に秩父鉄道らしい茶帯をまとったシンプルな塗色。今だったら茶帯はもう少し細くして、カッティングシートで済ませちゃうでしょうけど。300形・500形・800形もこの塗色に変わりましたが走っいた期間はそれ程長くなくて、馴染みは薄いのかな。
 そんな訳で、今回はC58363 オレンジエクスプレスに先行してきた秩鉄リバイバルカラーの"小倉アイス"と"チョコバナナ"の競演です。そのうち、究極の2食、じゃなくて2色並びを撮ってみたいな~

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 秩父鉄道 秋の定番撮影地 | トップページ | 11月のパレオエクスプレス最新情報 »

秩父鉄道 デハ」カテゴリの記事

コメント

きえふにいさん、こんばんわ
いや~ 6000系に小倉アイス塗色は似合いそうですよね。楽しそうだな~
でも、看板車両だから塗り替えは難しいでしょうね。その前に、パレなんですよ???

Takaさん、こんにちは。
6000系に小豆+はだ色は似合いますよねー。西武時代赤電じゃなかった電車が赤くなるのは痛快なので、期待したいなあ。でも正面のブラック部分はどうしましょうね。ブラックのまま? ベージュのまま、それとも小豆……!? 妄想してみると楽しめました! あ、チョコバナナは西武時代っぽくて却下です(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/46592717

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉アイス と チョコバナナ 秩鉄リバイバルカラー:

« 秩父鉄道 秋の定番撮影地 | トップページ | 11月のパレオエクスプレス最新情報 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31