メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 秩父鉄道C58363パレオエクスプレス 門鉄デフ速報 | トップページ | 秩父鉄道 門デフのC58363号機 接近戦 »

2009年11月22日 (日)

C58363パレオエクスプレス 門鉄デフ 一挙公開

 11月21日から走り始めた、切取り除煙板(通称、門鉄デフ)のC58363パレオエクスプレス。昨日の秩父路は一日、秋晴れが続いたから、紅葉と合わせて楽しまれた人が多かったのでは。
 ここで、パレオの門鉄デフの事を少し書いてみましょう。高さは標準デフと同じで、他の一般的な門鉄デフより低くなってます。歩み板の先端から前側への出っ張りも他の門鉄デフより抑えられていて、その代わりに後側が20センチ程度長くなってます。形は小倉工場タイプの門鉄デフを少し細くした感じですが、取付のバランスと言うか雰囲気は後藤工場タイプに似ています。小工は外観で後藤は性能重視と言う先入観がそのまま出ちゃったような。

Paleo09111901a

 旅客列車牽引用のC57が付けている小工デフと比べると、全体的に少し後ろに下がった感じに見えますが、C58のボイラーは前端が歩み板の前端より前に出ていて、後藤デフと同様に少し後ろに下がった取付方になっているためです。

Paleo09112102

Paleo09112104

Paleo091121043

Paleo0911210522

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 秩父鉄道C58363パレオエクスプレス 門鉄デフ速報 | トップページ | 秩父鉄道 門デフのC58363号機 接近戦 »

秩父鉄道 パレオエクスプレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/46825717

この記事へのトラックバック一覧です: C58363パレオエクスプレス 門鉄デフ 一挙公開:

« 秩父鉄道C58363パレオエクスプレス 門鉄デフ速報 | トップページ | 秩父鉄道 門デフのC58363号機 接近戦 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30