メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 朝の野辺地駅 南部縦貫鉄道 | トップページ | センターアンダーフロアエンジン 南部縦貫鉄道のレールバス »

2009年12月30日 (水)

旧東北本線を走る南部縦貫鉄道のレールバス

941030noheji_nishichibiki_02

 今から47年前の1962年(昭和37)年10月に千曳-七戸間で運輸営業を開始した南部縦貫鉄道。大動脈の東北本線と分岐して羽越街道沿いの町村を結ぶ地方鉄道として開業しましたが、計画していた貨物輸送は実現せず、自家用車が普及する時代と重なって厳しい経営環境に置かれ続け、1968年(昭和43年)5月には十勝沖地震による被害で全線不通となってしまいました。
 しかし、同年の国鉄東北本線複線電化の際、急勾配が続く野辺地-千曳間は複線用のトンネル(大平トンネル)で短絡する新線に切り替えられ、千曳駅は南部縦貫鉄道の西千曳駅に改称され、旧東北本線の線路を使って地域交通の要所である野辺地駅延伸と震災復旧を果たしました。今回の画像は旧東北本線の野辺地-西千曳駅間で1994年10月に撮ったレールバスです。堂々と、真っ直ぐに伸びる線路には旧東北本線の風格が漂っていました。

941030noheji_nishichibiki_01a

にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ ブログランキング・にほんブログ村へ

« 朝の野辺地駅 南部縦貫鉄道 | トップページ | センターアンダーフロアエンジン 南部縦貫鉄道のレールバス »

南部縦貫のレールバス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/47150238

この記事へのトラックバック一覧です: 旧東北本線を走る南部縦貫鉄道のレールバス:

« 朝の野辺地駅 南部縦貫鉄道 | トップページ | センターアンダーフロアエンジン 南部縦貫鉄道のレールバス »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31