メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 秩父鉄道直通 西武鉄道4000系3 | トップページ | 黄昏のレールバス 南部縦貫鉄道 »

2009年12月19日 (土)

南部縦貫鉄道のレールバス

 青森県の野辺地から七戸まで、八甲田山麓の長閑な景色を走っていた南部縦貫鉄道。最初に出掛けたのは1993年10月2日でした。確か、当時16,000円で新幹線を含むJR東日本の列車の自由席が土休日が連続する2日間乗り放題だったウィークエンドフリーきっぷで行ったような。新幹線は着実に北に延びているし、このフリーきっぷが復活すると津軽鉄道のストーブ列車も射程距離に入るのですが・・・。"やまびこ"と"はつかり"を乗り継いで、野辺地に着いたのはお昼前。午後のレールバスに乗って、坪川駅で下車。発車して坪川橋りょうを渡るレールバスを見送りました。

931002tsubokawa_a

 当時の南部縦貫鉄道のダイヤは朝2往復するとお昼寝タイムで、午後1往復すると休憩して夕刻から2往復。全部で5往復の運転でした。七戸行きの午後のレールバスを見送った後、3連のプレートガーター橋の坪川橋りょうの傍で夕方のレールバスを待ちました。

931002tsubokawa_michinokami_a

 秋の日射しが赤くなり始めた頃、野辺地行きのレールバスは独特のジョイント音を響かせて、坪川橋りょうを渡って来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ ブログランキング・にほんブログ村へ

« 秩父鉄道直通 西武鉄道4000系3 | トップページ | 黄昏のレールバス 南部縦貫鉄道 »

南部縦貫のレールバス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/47061417

この記事へのトラックバック一覧です: 南部縦貫鉄道のレールバス:

« 秩父鉄道直通 西武鉄道4000系3 | トップページ | 黄昏のレールバス 南部縦貫鉄道 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31