メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.2 大麻生の桜堤 | トップページ | 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.4 白梅の武州日野 »

2010年3月 4日 (木)

秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.3 桜花の長瀞

 秩父音頭に詠われている「花の長瀞あの岩畳」は上長瀞で河原と直角に荒川を渡るために付け替えられた、国神に延びていた旧秩父本線の桜道に植えられた染井吉野の並木なのでしょうか。
 現在、秩父鉄道の列車と桜花を絡められる一番の人気撮影地は上長瀞駅の起点方で、初秋には曼珠沙華も線路傍を彩ります。でも、桜花シーズンは人出も多く、過去には列車運行に危険な行為も発生していて、鉄道の写真を楽しまれる方々にはお勧めする気になれないので、上長瀞-親鼻駅間の荒川橋梁の対岸から撮ったシーンを紹介しましょう。

Paleo08040401

 ここからなら、そんなに気構えて場所取りする必要もないし、チョッと工夫すれば色々撮れそう。拘って構えるより、直前の雰囲気で切り取るほうが結果okかもしれません。何となく、撮る時の気構えは大鐵本線の第1大井川橋梁みたいな・・・汽車の煙が流されて痛い思いをするのも似ていますね。
 今年の桜の季節はどんなシーンが観られるのか、楽しみですね。その前にシックな門デフ姿でHM掲げたファーストランの時期に最適な撮影地を紹介しなくちゃ・・・ですよね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.2 大麻生の桜堤 | トップページ | 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.4 白梅の武州日野 »

パレオ&秩父鉄道撮影地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/47726991

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.3 桜花の長瀞:

« 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.2 大麻生の桜堤 | トップページ | 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.4 白梅の武州日野 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30