メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.8 菜の花は神出鬼没 | トップページ | 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.9 遊歩道からゆったり眺めた安谷川橋りょう »

2010年3月16日 (火)

パレオエクスプレス 桜のファーストラン

 最近は撮影地案内と称して、加工し直した再掲画像をアップしているのですが、今回はチョッと古い2002年春のパレオを紹介してみます。
 2002年の春は桜の開花が早くて、広瀬川原にC58363号機が帰ってきた3月20日には荒川堤の染井吉野が開いていて、3月23日のファーストランには見頃になっていました。でも、試運転は花曇りで、やる気で挑んだファーストランは暗い曇り空・・・フィルム時代ですからISO100のRDPⅡで走行写真は叶わず、出庫時のC58363号機と桜花を絡めてみました。

0203231

 広瀬川原駅(広瀬の車両基地)を発車して熊谷駅へ向かう前は、出庫点検シーンが観られるし、桜花シーズンは少し早目に5001列車の撮影場所を確保した後、堤から降りて線路に近付き過ぎないよう注意して、出庫~入換え~組成シーンを眺めるのも良いですね。

0203233

 パレオファーストランまでもう直ぐ。チョッと懐かしいシーンですので、過去に紹介しているシーンの再掲です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.8 菜の花は神出鬼没 | トップページ | 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.9 遊歩道からゆったり眺めた安谷川橋りょう »

秩父鉄道 パレオエクスプレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/47829515

この記事へのトラックバック一覧です: パレオエクスプレス 桜のファーストラン:

« 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.8 菜の花は神出鬼没 | トップページ | 秩父鉄道C58363 SL列車パレオ春の撮影地ガイドNo.9 遊歩道からゆったり眺めた安谷川橋りょう »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30