メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 晩秋の大麻生辺り | トップページ | いよいよファイナル!国電リバイバル カナリアイエロー »

2010年11月23日 (火)

移ろう黄葉!変形門デフのパレオエクスプレス最新画像 秩父鉄道

 晩秋に移ろうこの季節、秩父鉄道の定番撮影地は浦山川橋りょう辺りの紅葉が散り始めると、次は永田-小前田駅間の銀杏林の黄葉ですよね。黄葉が見頃になると近付くのも気が引ける程の人気になります。今日は明方から本降りの雨でしたが、気象台のレーダーを見ると直ぐに止みそうで、銀杏林に再挑戦してみました。予想どおり三脚の影は無く、撮りたかったポイントに三脚を立てられました。パレオエクスプレスが来るまで時間があるので、辺りに散っていた鮮やかな落葉を拾い集めて、画面の中に撒いて撮りました。

Paleo2010112301c

 CanonのEOS7Dに換えて2日目の撮影でして、やっと、カメラのセッティングと操作方法が解ってきました。レンズはEF-S10-22mm F3.5-4.5 USMを着けてスタンダードに設定。結果は黄葉した銀杏の赤味がチョッと強くて意外でした。カメラもレンズも今まで使ってきたNikonの感じとは違います。湾曲収差や周辺光量低下とか、色収差の事はよく解らないのですが、感触ではEF-S10-22mmはDigital Photo Professionalと一体で使えば凄く実用的なレンズみたいです。
 小前田の銀杏林の黄葉は、林の真ん中の黄葉が早くて、北側の大きな樹は何時も遅目です。今日も北風が吹くと真ん中の樹の黄葉は盛大に散っていました。今週末、北側の樹が黄葉する頃には真ん中の樹が落葉して、陽射しが当たりそう。この季節はチョッとしたタイミングとか天気が難しいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 晩秋の大麻生辺り | トップページ | いよいよファイナル!国電リバイバル カナリアイエロー »

秩父鉄道 パレオエクスプレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/50108647

この記事へのトラックバック一覧です: 移ろう黄葉!変形門デフのパレオエクスプレス最新画像 秩父鉄道:

« 晩秋の大麻生辺り | トップページ | いよいよファイナル!国電リバイバル カナリアイエロー »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31