メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 都電荒川線 7000形昭和リバイバルカラー7022号車 | トップページ | 平成の路面電車!都電 荒川線8500形 »

2010年12月31日 (金)

都電 荒川線に残る吊掛け電車 7000形

 改めて、都電 荒川線の主力電車の7000形を紹介してみましょう。2010年(平成22年)現在22両が活躍中で、軌道傍から眺めていると頻繁に行き来しています。

Arakawa_line_201012260494

 元は1954年(昭和29年)頃から新製や車体更新で登場した車両です。全廃の予定だった都電ですが、専用軌道区間が多かった27系統と32系統を統合して荒川線として存続。荒川線に残った7000形は1977年(昭和52年)から電気機械や走り装置他の主要機器を再用して車体更新されて今も活躍中です。

Arakawa_line_201012260512

 更新前は当時のモノコックボディーのバスに似た丸みを帯びた外観でしたが、車体更新で直線を多用した軽快なデザインになっています。

Arakawa_line_201012260568

 しかし、久々に新製された8500形や最新鋭の8800形は再び曲線を多用して丸みを帯びたLRTみたいなデザインに変わっていて、流行は繰り返されるのですね。

Arakawa_line_201012260567

 とにかく、古いタイプの制御器で加速する吊掛け駆動の歯車音は貴重で、特に専用軌道の区間では、発車の時や登坂シーンで豪快な吊掛けサウンドが聞けます。

Arakawa_line_201012260626

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 都電荒川線 7000形昭和リバイバルカラー7022号車 | トップページ | 平成の路面電車!都電 荒川線8500形 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道写真いろいろ」カテゴリの記事

電車」カテゴリの記事

コメント

 みかんさん、荒川線をご覧いただき、ありがとうございます。首都東京に残った唯一の都営軌道は活気がありますね。下町の風情や高層ビル街を背にして走る姿、飛鳥山辺りや王子、大塚駅付近の軌道の雰囲気と・・・魅力が一杯です。7000形や7500形は直線を活かしたシャープな外観ですが、最近の8500形や8800形は直線と曲線を巧く組み合わせたスタイリッシュな外観に変わって、丸味を活かしたデザインに回帰してきたような。

7500形の引退は残念ですが、
こちら7000形はまだまだ主力として活躍が期待できそうです。
特に真横から眺めた姿はいかにも路面電車然としていていいですね。
一昨日も今年最後の都電撮影に行ってきましたが、
「まだまだ新米には主役は譲れん!」と言わんばかりに頻繁に闊歩してました。(^^;
ヨーロピアンスタイルの8500、レトロ調9000、そして最新鋭8800、
さまざまな車種入り乱れて交錯するのも今の都電の魅力かもしれません。

あと半日で新年。
今年もいろいろとお世話になりました。
2011年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/50447293

この記事へのトラックバック一覧です: 都電 荒川線に残る吊掛け電車 7000形:

« 都電荒川線 7000形昭和リバイバルカラー7022号車 | トップページ | 平成の路面電車!都電 荒川線8500形 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30