メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

大井川鐵道井川線 DB牽引列車交換シーン

 今日はチョッと息抜きして、気まぐれの一枚。画面右端に写り込んだRB(器具箱)が気に入らなくて、失敗作に分類して引出しの奥に入っていたポジです。井川線の小さなディーゼル機関車DB1形が牽く列車で、イメージは小さな客車列車と貨物列車の交換シーンでしょうか。くれぐれもイメージですから、撮影データなんて気にしないでくださいね。息抜、気まぐれの一枚ということで。

Oigawa_ikawa_db01a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2011年1月29日 (土)

夢の超特急"新幹線" 100系TEC

 冬眠期間中の場繋ぎ画像は、前回に続いて夢の超特急"新幹線"です。1998年冬のシーンですから500系のぞみがデビューした翌年、13年前の東海道新幹線です。各停の"こだま号"は100系TECが主力で、0系が最後の活躍中。"ひかり号"は100系TECが主力で300系も走っていました。超特急"のぞみ号"は300系が主力で、話題の500系が速達タイプの超特急に投入され、初代新幹線の0系から最新の500系まで多系列が走っていて、面白い時期でした。0系から100系で長い間足踏みしていたTECの技術が一気に向上したこの時期。あれから13年。たったの13年の間に0系と100系、最新鋭だった500系まで東海道新幹線から引退。N700系TECが一気に主力に変わり、300系までもが追われる立場になるなんて・・・時間が経つ以上に、東海道新幹線の車両の変遷は早いですね。画像は静岡-掛川駅間のトンネルの上から眺めた100系TECです。

Sinkansen100_hikari_a

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2011年1月27日 (木)

幻の200系長野新幹線 F80編成 あさま602号9602Eのポジを発見!

 今日の画像は1998年2月に長野新幹線の佐久平-上田駅間 丸子トンネル上り方で撮った200系F80編成 あさま602号9602Eです。以前も紹介した「200系長野新幹線 F80編成 あさま602号9602E」ですが、撮ったのを忘れていたポジを発見。原版は若干ですが露出オーバー気味で、仕上がりを見て失敗作に分類。ポジのファイルに納めていませんでした。改めて見てみると硬調になりがちなポジをスキャンするには良い感じに暗部が潰れていないし、白もギリギリで飛んでいないし、スキャンを実行!

Sinkansen200_f8001a

 1997年10月1日に高崎-長野間117kmが開業した北陸新幹線(長野行新幹線)。早速、翌年の冬季に開催された長野オリンピックの輸送で活躍し、波動輸送用に12両編成の200系F17編成を長野新幹線用に改造。軽井沢からの急こう配を降りるために発電ブレーキを強化し、電源周波数も50Hz/60Hzの切替に対応。長野新幹線での運転を可能にしたのがF80編成でした。結局、改造されたのは1編成で、流線形の200系新幹線電車が長野新幹線で営業運転する姿を見られたのはこの時だけで、2004年には廃車されてしまいました。信濃路を駆ける200系新幹線の凄く貴重な記録を、今頃になって思い出しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2011年1月26日 (水)

西武鉄道の黄色い電車 101系ASカー

 E854号機のセメント貨物や5000系レッドアローといっしょにスキャンした101系電車。やっぱり、西武秩父線と言えば開業時に新製投入された101系ASカーですよね。外観はローズレッド基調から黄色に、車内も座席モケットが赤系から明るいオレンジ色に、内装も明るい黄色系に茶色の模様が入って斬新に見えました。

6906c

 今になって感じるのは、山岳区間を走るための強力な走行用モーターやダイナミックブレーキ付きの電磁直通HSC-Dの採用等、機能面も一気に進化した凄い電車でした。ま~付き合ってみると結構なじゃじゃ馬でして、色々ありますが???
 下の画像は、よ~く見ると登場時の姿を残した非冷房でして、編成は131だと思います。101系の冷房化が完了したのが1987年ですから、完了の3年前の撮影です。

6903c

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2011年1月23日 (日)

最強の民鉄電機E851!往年の正丸越え

 民鉄の電気機関車で最強だった西武鉄道のE851形。1969年(昭和44年)の西武秩父線開通時に5000系特急レッドアローや101系ASカーと同時に山岳新線にデビューしたE851形は、国鉄制式EF65形を基に精査された車体のデザインとEF81形と同様のメカニカルな台車が魅力でした。主電動機の定格出力は425kWと強力で、定格出力はF級ですから×6軸で2,550kW。運転整備重量も民鉄規格では考えられない100トン弱の96トン。秩父鉄道のデキ200~500形の定格出力は230kw×4軸の920kwで、運転整備重量は50トンですから、その差は歴然・・・

6901c

 三菱鉱業セメントからの輸送量が伸びなかったためなのか、E851~4の4両が製造された後の増備は叶わず、1996年(平成8年)3月の貨物列車廃止で活躍の場を失い、同年5月の「さよなら運転」を最後に現役を退いてしまいました。E851が活躍していた西武秩父線は険しい線形で撮るのが難しかったのですが、一度だけ、正丸峠を越えるE851形牽引のセメント列車を撮った記憶が・・・

6902c

 ず~と気になっていたのですが、やっとポジが見つかりました。1984年9月17日に西吾野-正丸駅間で撮ったE854が牽くセメント貨物列車で、機材はミノルタXDにMDロッコール50mmF1.4。フィルムはKRで露出は1/250sec、f4~5.6とチョッと厳しい条件でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2011年1月15日 (土)

都電 荒川線の最新鋭レトロ電車!9000形

Arakawa_line_201012260518

 2007年3月に登場した都電 荒川線の9000形電車。ダブルルーフの木造車体の雰囲気が再現されたレトロ調デザインですが、8500形電車を発展させたIGBT素子のVVVF制御で走っていると言うのだから凄いですよね。制動装置ももちろん電気指令方式で、応過重制御付きの電磁直通空気ブレーキ。電力回生機能が付加され、なんと、失効した時は発電ブレーキに切り替わるという豪華な仕様。ホンとに近頃の都電は贅沢なんですね。2007年3月に登場した9001号車は赤茶色とクリームのツートーンで、2009年1月に増備された9002号車は青とクリームのツートーン。イベント車両的な目的で2両が製造され、その後は実用的な新形式の8800形電車が登場しています。流行りのLRT的なデザインではなく、角ばった電車らしい外観が魅力ですね。

Arakawa_line_201012260491

Arakawa_line_201012260510

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2011年1月10日 (月)

都電 荒川線のNew standard!8800形電車

 8500形電車の後を引き継いで2009年から導入された8800形電車。公募投票の結果で採用された「優しさと親しみやすさを表現した、丸みのあるデザイン」は、今、流行りのLRTに近いけど、構造は従来からの路面電車ですね。

Arakawa_line_201012260473

 車体塗色は白が基調で前面は鮮やかな赤紫色で、側面の上下に前面と同色のラインが入っています。2009年4月の赤紫色の8801・8802号車登場後、急速に増備が進んで、カラーバリエーションも赤紫、青紫、オレンジ、黄色の4色に増え、2010年度末で8801~8810号車の10両が活躍中。

Arakawa_line_201012260479

Arakawa_line_201012260482

Arakawa_line_201012260669

Arakawa_line_201012260674

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2011年1月 6日 (木)

八高線の110系気道車 雪雲が流れる朝

 埼玉県北のこの辺り、年に幾度かは月夜の晩に雪が降ります。上越国境が吹雪いて、雪雲が国境を越えて流れて来るので・・・。最近は暖冬なので、そんな事も少なくなりましたが、今朝はやけに外が暗いと思ったら、黒い大きな雲が北から南に低く流れていて、秩父では武甲山に風花が舞ったみたいです。
 晴れているのに北から雲が流れてきて小雨が落ちてきて虹が出たり、今年はチョッと冬らしく感じられます。

Hachikou_line_201101010708a

 今日の画像は、お正月に撮った八高線の丹荘-群馬藤岡駅間を行く朝の気道車列車です。ホンとに寒かった~。夜明け直後の空を雪雲の破片が流れて来て、上りは後追いで車体の側面が輝く位置で撮影。丹荘駅で交換して来る下りは広角気味にして、空を大きく撮ってみました。

Hachikou_line_201101010709

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2011年1月 4日 (火)

大井川鐵道 新春のSL急行! 復路の抜里を行くC108

 大井川鉄道 新春のSL急行列車! 往路のSL急行は日章旗と2011年兎年に相応しい賀正のデザインのヘッドマークを掲げていましたが、復路は夕暮れの茶畑で撮影。武骨な外観のC10 8号機は夕日を浴びて良い感じ。家山駅へ向けて緩勾配を白煙で走って行きました。バック運転するタンク機を撮るのは難しいけど、大井川鐵道でしか観られないシーンで、何とも言えない風情があります。

Oigawa_line_201101020846

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2011年1月 2日 (日)

速報!大井川鐵道 2011年新春のSL急行(長い折れ耳つき)

 お正月恒例、大井川鐵道SL急行列車の日章旗&賀正HM掲出!に今年も出掛けてきました。

Oigawa_line_201101020820a

 一昨年はC11227号機で ゆるキャラ系の牛さんの角付き賀正ヘッドマーク、昨年はC11190号機で前年より ゆる~ぃトラさんの賀正ヘッドマーク、それも耳付き でした。
 こうなると、うさぎ年の今年はどんなデザインのヘッドマークが掲出されるのか、気になっちゃって・・・
 意外と穏やかな天気で、奥の方まで足を延ばして、青部-崎平駅間の第二橋りょうに出掛けました。

Oigawa_line_201101020828a

 綺麗な白煙を吹き上げて橋りょう上に姿を現したのはC10 8号機で、うさぎ年の賀正ヘッドマークは期待以上のゆるキャラ系デザインで、年々、エスカレートしているような?。当然、お約束の耳付き、それも長~ぃ折れ耳付きでした。煙室扉のハンドルもナンバープレートも隠れるほどの特大サイズでしたが、お正月だし、これくらい派手に行かないと面白くないですよね。

Oigawa_line_201101020835

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2011年1月 1日 (土)

平成の路面電車!都電 荒川線8500形

 新年明けましておめでとうございます。
 Train's Photo Blog □■ 秩父路の蒸機機関車 非公式!SLパレオ ブログをご贔屓にしていただいて、ホンとにありがとうございます。新年!兎年を迎え、皆様方のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。

Arakawa_line_201012260544

 新年最初は奇をてらわずに、年越し企画の都電 荒川線で始めてみましょう。直線と曲線が巧みに組み合わされた鋼製軽量車体のデザイン、走り装置はカルダン駆動で、制御方式は都電初のVVVFインバータ。1990年に都電 荒川線の活性化とイメージアップを目論んで、28年ぶりに純粋に新造された8500系電車は驚きでした。

Arakawa_line_201012260525

 凄く贅沢な仕様の8500形電車の表示器類は、前頭部にはシックな藍色に白文字の幕式が設置され、車内の旅客案内用にはLED式表示器を採用。ここらへんが絶妙な雰囲気を醸し出しています。

Arakawa_line_201012260611

 シンボルマークの銀杏の葉もステンレス製の立体的なパーツが奢られていて、ホンとにお高そうな電車でしたが計5両で新造が打ち切られてしまいました。

Arakawa_line_201012260646

 今後は丸くてスタイリッシュだけどチョッと現実的な8800系電車が後に続きそうです。

Arakawa_line_201012260602

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31