メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 1997年南部縦貫鉄道最後の冬 雪の七戸駅 | トップページ | Rape blossoms Express of Chichibu-Railway »

2011年5月 2日 (月)

地吹雪の除雪列車 南部縦貫鉄道

 1997年2月25日、南部縦貫鉄道の七戸駅駅でレールバスを撮ってから十和田観光の路線バスに乗って坪川駅に移動。国道沿いにあるコンビニでお昼御飯を食べました。当時、このコンビニには本格的?な牛丼とかハムエッグ定食とかのメニーもあって、ラップに包まれた丸くて大きなおにぎりは絶品でした。午後のレールバスを撮ろうと国道を道ノ上駅方に歩きはじめると、吹雪が強くなってきました。これは、DBが来るかもしれないと思って、早目に線路際に構えましたが、なにしろ凄い風と雪。待っている間に眉毛が凍ったのには驚きでした。瞬く間に線路は雪に埋もれて景色は見えなくなるし、何処を狙えば良いのか・・・DBの単機ラッセルの雪煙が見えたので、線路脇に立つ通信線の柱を頼りに撮った一枚です。

1997012508a

 DB11は富士重工製のTCM100系列の小さな軌道モーターカーですが、南部縦貫鉄道では立派な内燃機関車、鉄道車両として走っていました。大型保守用機械ではなく、鉄道車両として維持して走らせるには手間も掛ったと思いますが、その訳はハッキリ解りません。当時、南部縦貫鉄道が施行していた閉塞手続きに興味があるのですが・・・

1997012509a

 DB11のルスルプラウが飛除けた線路上ですが驚く勢いで雪に覆われていきます。野辺地で折返して七戸へ戻るDB11はレールバスの続行で来ると思っていたのですが、復路もレールバスに先行して雪を掻いて来ました。さすがに線路際に構えるのは危ないので、坪川駅のあの木造ホーム上の待合小屋?の脇から目立たないよう撮りましたが、凄い迫力。坪川駅ホーム通過に備えて、直前に進行右側の羽を縮めたDB11のルスルプラウに、あの時のの迫力を思い出しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 1997年南部縦貫鉄道最後の冬 雪の七戸駅 | トップページ | Rape blossoms Express of Chichibu-Railway »

内燃機関車」カテゴリの記事

南部縦貫のレールバス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道写真いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/51560573

この記事へのトラックバック一覧です: 地吹雪の除雪列車 南部縦貫鉄道:

« 1997年南部縦貫鉄道最後の冬 雪の七戸駅 | トップページ | Rape blossoms Express of Chichibu-Railway »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30