メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« ゆきダルマとレールバス 1997年最後の冬!南部縦貫鉄道 | トップページ | いよいよイベント開催!秩父鉄道 »

2011年5月 8日 (日)

小型ナンバープレートの最終日!秩父鉄道パレオエクスプレス

 連休最終日の秩父路はお日様が顔を出して、最初は空に雲が多かったけど、午後から気持良い初夏の陽気になりました。今日が最後だったC58 363号機の黒い小型ナンバープレートを撮りに定番の波久礼駅先へ。新緑は良い感じでしたが、この季節になると汽車と環境に優しいクリーンな運転を心掛けているパレオくんに煙は望めません。汽車待ちの間に走って来る電車で、撮るのに目障りな景色が客車の陰に入るのを確かめて、本番のパレオは煙で電化柱を煙で隠して・・・

Paleo2001050801

 この季節からは、あんまり夢も希望もない撮り方をしている私には厳しくなります。秩父鉄道の架線柱は古レールを加工した鉄柱が主で直線区間での建植間隔は50メートル弱。曲線区間ではトロリー(電車線)の偏位を250ミリ以下に保つためにもっと、狭くなります。陽炎号を予感して流してはみたものの、辛うじて薄い煙が柱を覆ったものの、厳しい結果になりました。
 今日は汽車待ちの時に声を掛けていただいて、ありがとうございました。雲が流れて晴れたり陰ったり、微妙な空でしたが、パレオを撮影された皆さん、秩父路の眩しい緑はいかがでしたか。

Paleo2011050802

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

 今度の土曜、5月14日はC58 363号機が(貨)広瀬川原駅で開催されるイベント「わくわくチャリティー フェスタ」に出演するため、パレオエクスプレスは走りませんので、くれぐれもご注意を。翌日の5月15日(日)は、復活以来初めてになる赤い小型ナンバープレート&標準デフで走る模様です。詳細は秩父鉄道の公式Web Pageでご確認くださいね。

« ゆきダルマとレールバス 1997年最後の冬!南部縦貫鉄道 | トップページ | いよいよイベント開催!秩父鉄道 »

秩父鉄道 パレオエクスプレス」カテゴリの記事

コメント

いつもブログ拝見させてもらってます。
5日と8日現地でご一緒させてもらった初心者セブンと申します。


5日付けのブログ内容を後日拝見しまして、Takayanagiさんと私は撮影地が同じだった事に気づきました。そして8日も同じ撮影地に向かったのですが、確か5日にも来られた方だったような気がしまして、機材を確認して「おっ!もしかして!」と思い聞いてみました。

このブログにある画像は大変素晴らしいものが多く、撮影地選定や構図など非常に参考になります。
また画像と共に車両その他の解説もあり、鉄道撮影初心者の私としては色々と勉強になります。

今後の更新も楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/51617630

この記事へのトラックバック一覧です: 小型ナンバープレートの最終日!秩父鉄道パレオエクスプレス:

« ゆきダルマとレールバス 1997年最後の冬!南部縦貫鉄道 | トップページ | いよいよイベント開催!秩父鉄道 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30