メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 大井川鐵道 SLフェスタ2011 続報! | トップページ | 秩父C58363と真岡C11325 JRおおみや鉄道ふれあいフェア2011 »

2011年10月12日 (水)

大井川鐵道の魅力!SLフェスタ2011を観て

Img_4062a

 SLフェスタ2011で凄く盛り上がっていた大井川鐵道沿線。私は重連走行(SLの重連牽引)と電気機関車走行(EL牽引の臨客)を目当てに10月8・9日の2日間出掛けてみました。凄い人出で重連牽引のかわね路号は極〃無難にしか撮れませんでしたが、初秋の長閑な景色を行く単機牽引SL列車と電車は意外と気ままに狙えて、大鐵の魅力を満喫できました。

Img_3997a

 抜里の広い茶畑を行くC10 8号機牽引のSL急行かわね路1号 101列車。逆光の景色にススキの穂が揺れ始めていました。

Img_4048a

 重連の先頭に立つお召仕様でピカピカのC11 190号機も魅力的ですが、微妙に煤けた煙室から第1缶胴の辺りに重圧感が漂うC10 8号機。クロスビームを支える木柱をくぐって、秋桜が咲く抜里駅を駆け抜けます。

Img_4055a

 今回の宿は家山駅近くの杉田屋旅館さんで、昭和レトロな雰囲気と普通だけど美味しくてボリューム満点の食事に大満足でした。朝は旅館の軒先から電車を眺めてみましたが、古くから栄えていた事を感じさせる家山の街並み。大井川に沿って街と道、鉄路が延びているのが解ります。

Img_4057a

Img_3966a

 建設当時、大河に沿って地方鉄道を延伸するのはホンとに厳しかったと思います。長大な鉄橋は大井川と垂直に交わり、河に沿って険しい地形を先に進むため終点側は曲線を描いています。
 SLフェスタ2011で大井川鐵道沿線の素晴らしい景色や温泉、地元グルメなど、川根路の魅力を再認識した方も多いのでは。素晴らしいお祭りを満喫させていただきました。これをきっかけに、大井川鐵道沿線地域の旅客誘致が強化されて、鉄道の活性化に繋がればSLフェスタ2011は大成功ですね。SLフェスタはこれからが大切なのかも・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 大井川鐵道 SLフェスタ2011 続報! | トップページ | 秩父C58363と真岡C11325 JRおおみや鉄道ふれあいフェア2011 »

大井川鐵道」カテゴリの記事

汽車」カテゴリの記事

鉄道写真いろいろ」カテゴリの記事

電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/52975383

この記事へのトラックバック一覧です: 大井川鐵道の魅力!SLフェスタ2011を観て:

« 大井川鐵道 SLフェスタ2011 続報! | トップページ | 秩父C58363と真岡C11325 JRおおみや鉄道ふれあいフェア2011 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30