メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 秩父のデハ最新画像!リバイバル急行&ジオパークトレイン | トップページ | 夕暮れのC6120号機!復路の「ばんえつ物語号」 »

2015年5月24日 (日)

C6120「ばんえつ物語号」 久々の黒煙撮影!

2015_05_24_c6120_01c

 土曜と日曜の2日間、久々に「ばんえつ物語号」を撮影に出かけてみました。ハドソンの大形蒸機C6120号機が出張運転中とあって、沿線の撮影地は何処も盛況で、正に雛壇状態・・・本当に景色が良くて、チョッと雛壇から離れた場所からでも撮れるのが磐越西線の魅力でした。黒煙を噴き上げて迫ってくる蒸気機関車を撮るのは久々でして、何時もは汽車が見えてから上をカットするのが常ですが、今回の遠征では汽車が見えてから上が広く入るように画角調整。

2015_05_24_kiha40_01a

 今後、更新が進むであろう磐西を走る40系列気動車も堪能できました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 秩父のデハ最新画像!リバイバル急行&ジオパークトレイン | トップページ | 夕暮れのC6120号機!復路の「ばんえつ物語号」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

気動車」カテゴリの記事

汽車」カテゴリの記事

鉄道写真いろいろ」カテゴリの記事

コメント

桜舞さん、こんばんわ
 磐越西線の会津若松以北は阿賀野川沿いに山間を走っているけど、あまり厳しい坂道は無いので、C57やC61のような動輪が背負っている重量(粘着重量???)が軽い機関車でもスリップしないで、豪快に走れるようです。しかし、凄い黒煙で驚きました。安全弁から蒸気を噴出しながら、噴火のような黒煙を噴き上げて走って来るC6120号機、パレが真似すると壊れちゃいそうな迫力でした。
 広瀬の車両基地のわくわく鉄道フェスタにお出掛けでしたか。
今年はコアな車両撮影会ではなくて体験物が多くなったので、今までとは違った雰囲気になりました。
 梅小路蒸気機関車館、私もC581号機を観に出掛けたことがあります。東と東海に続いて、西でも素敵な鉄道博物館を整備する計画のようですが、扇庫が残る昭和の機関区の雰囲気だけは残してくれると嬉しいですよね。C62は他の蒸気機関車とは違う排気音と通過直後にバラバラと振ってくる石炭の燃え殻が凄い迫力でした。

お久しぶりです。いやー~~~すごい!
遠征されてたんですね、って私も遠征していましたが←

シロクイチのばんえつはなかなか会えそうで会えないから、レアものですよね。
しかし素晴らしい青空に、黒金と、レトロばん客が似合いますね
しかも黒煙が波打っているっていう・・・・・・・なんたる煙パフォ・・・
シロクイチ、やりますねっ!
いつか行ってみたい路線の一つに数えています。

秩父鉄道フェスタにも行きました。
なかなか見れないキャブに見学行けたのがすごくうれしかったです。
時報で始まりと終わりの汽笛鳴らしてくれたのもうれしいパフォでした。
シゴハチが車庫に入ってしまうまで見送りました。

先週金曜日から京都入り、そして、おとといと昨日は念願の梅小路へ。
C62スワローエンゼルがド迫力でスチーム号をけん引してくれました(しかも両日
憧れのスワローエンゼルの猛々しい姿に大喜びの二日間でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/61640774

この記事へのトラックバック一覧です: C6120「ばんえつ物語号」 久々の黒煙撮影!:

« 秩父のデハ最新画像!リバイバル急行&ジオパークトレイン | トップページ | 夕暮れのC6120号機!復路の「ばんえつ物語号」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30