メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« C6120「ばんえつ物語号」 久々の黒煙撮影! | トップページ | 磐越西線C6120号機撮影初日 »

2015年5月25日 (月)

夕暮れのC6120号機!復路の「ばんえつ物語号」

2015_05_24_01a

 この季節、「ばんえつ物語号」の復路の新潟行きは夕暮れの雰囲気が魅力ですよね。
先ずは昨日撮ったC6120号機の正面狙いです。 一日中、晴天で18時近くに叶った夕暮れシーンは正面ギラリ。汽車が見えてから慌てて露出補正してなんとか撮れました。

2015_05_23_c6120_01b

 前日の夕暮れはチョッと日差しが穏やかで赤味が絶妙!定番の後追いで、汽車が輝くシーンを狙ってみました。
 土日の2日間、晴天に恵まれた「ばんえつ物語号」は色々と面白いシーンが観られたので、続けて紹介したいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« C6120「ばんえつ物語号」 久々の黒煙撮影! | トップページ | 磐越西線C6120号機撮影初日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

汽車」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道写真いろいろ」カテゴリの記事

コメント

cherryさん
ばんえつ物語号は迫力満点でした!
23日の新幹線初レで新潟入りしたのですが、朝から晴天が続いて、大満足でした。
最初に紹介した画像は、撮影地に着いてみると定番の立ち位置には三脚が並んでいたけど、チョッと離れて標準50mmで低く構えたらよい感じでした。雛壇から数メートル離れただけで、まだまだ撮れる場所が残っているのは長閑な非電化区間の良さでしょうか。私の地元と比べると、工夫とチャンス次第で無限に撮影地が広がっているような???

こんばんは♪
盤西のブログ拝見しておりました。
最初から「そそるお写真」でした。
毛虫は私も苦手、蛭はもっと苦手ですが、その苦難を乗り越えてでも撮りたい場所ですね。
そろそろ上越線から真岡へシフトしようと思っていたのですが、盤西にも心が動きました。
でも、名古屋~山口とほぼ同じ距離なのに、盤西は前夜から出撃しないと間に合わないので遠いです。
残念ながら次の遠出は秋までお預けです(涙)

みかんさん、2日間初夏の晴天が続いて最高でしたね。
意外と、磐越西線の若松より北側の線路線形はC61形に似合っているのかも。
あの区間は阿賀野川沿いに、あんなに穏やかな設計で線路が敷設されているのが驚きです。三川の発車は撮れなかったけど、夕暮れのラストカットも良かったし、2日間楽しませていただきました。

磐越西線ではお世話になりました。
二日間とも快晴でいうことなしのお天気でしたが暑かったですね。
二日目の朝は私も二日酔いがこたえてフナみたいに水をガブ飲みでした。(^^;
最後の津川駅先のポイント、まさかの通行止で偶然行き当った場所でしたが三川の発車よりもよかったかも。怪我の功名と言いましょうか。(^^;
次回、季節を変えてまた訪れましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/61644805

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れのC6120号機!復路の「ばんえつ物語号」:

« C6120「ばんえつ物語号」 久々の黒煙撮影! | トップページ | 磐越西線C6120号機撮影初日 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31