メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 鉄道と軌道の平面交差!伊予鉄道 古町駅 | トップページ

2017年11月27日 (月)

クラウスが牽くオープンデッキ!伊予鉄道市内線の「坊っちゃん列車」

559a2118

 非電化で軽便鉄道だった時代、クラウスがオープンデッキの小さな客車を牽いていた軽便列車が再現された、伊予鉄道市内線の「坊っちゃん列車」。

559a2097

 観光振興を目的に走り始めて、道後温泉⇔松山市駅間での運行を中心に、道後温泉⇔JR松山駅前⇔古町間でも運行されていました。

559a2098

 今の時代に市街地の併用軌道を走るので、動力はディーゼルエンジンですが、明治時代にドイツのクラウス社で製造された1号機関車と14号機関車の外観が忠実に再現されていて、近くで意識して見ないと本物の蒸気機関車でした。汽笛や白煙、シリンダーからの排気音も再現されています。

559a1897

 1号機関車はハ-1とハ-2号客車を、14号機関車はハ-31号客車を牽いて走っていましたが、市内線を走る姿をタイミング良く撮れたのは14号機関車とハ-31号客車の「坊っちゃん列車」でした。

559a2235

 現役時代は長閑な軽便鉄道を走っていた「坊っちゃん列車」ですが、現代では車が行き交う併用軌道の市内線を走っています。

559a2319

 朝の古町駅で撮った14号機関車がハ-31客車を牽く「坊っちゃん列車」です。郊外線と平面交差する複雑なダイヤモンドクロスを走る、小さな「坊っちゃん列車」は不思議な感じでした。

559a1970

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 鉄道と軌道の平面交差!伊予鉄道 古町駅 | トップページ

内燃機関車」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道写真いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/66094394

この記事へのトラックバック一覧です: クラウスが牽くオープンデッキ!伊予鉄道市内線の「坊っちゃん列車」:

« 鉄道と軌道の平面交差!伊予鉄道 古町駅 | トップページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30