メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

« 京阪電鉄石山坂本線の併用軌道区間その1 | トップページ | 雨の嵐電!嵐電天神川電停 »

2018年5月27日 (日)

京阪電鉄石山坂本線の併用軌道区間その2

559a2842

 県道伊香立浜大津線と市道が分かれる三差路の直ぐ西側、松竹旅館の前で大津線(石山坂本線)の電車を撮ってから、三井寺まで歩いてみました。

559a2796

 ベージュ色のモルタル塗の外壁に褪せ始めた朱色で「ゆ」と書かれたストイックな外観が気になって、ここで撮ることにしました。昼間、妙光寺の踏切に行く途中、蝉丸神社下社で見かけた小町湯も風情があったのですが、この辺りは古い家屋や銭湯が残っているのですね。
 残念ながら浜大津電車通りの昭和湯さんは営業していない様子でしたが、サウナを始め色々な「ゆ」を備えていたようです。

559a2800

 昭和湯の辺りで併用軌道から一般車道が南側に逸れて、新設(専用)軌道区間に変わります。三井寺の軌道沿いにも古い木造家屋が残っていたので、派手なラッピング電車と絡めてみました。

559a2846

 現代では高速から安定して減速できる金属チップ入りの合成制輪子やレジン制輪子が普通ですが、低速でギュッと止まれる鋳鉄制輪子片が夕日に染まった赤錆色の軌条や道床砕石が妙に懐かしい雰囲気。
 電車に乗るとレジンが焼ける匂い。気動車に乗ると鋳鉄制輪子から飛び散って蛍のように舞う金属片を思い出しました。

559a2879

 この後も暫く撮りましたが、急に空が暗くなって夕日はつるべ落とし。浜大津の交差点に戻ると赤提灯が灯っていました。
 〆は生包餃子とビール、普通のチャーハンで終了。当然、近江牛は食べられませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« 京阪電鉄石山坂本線の併用軌道区間その1 | トップページ | 雨の嵐電!嵐電天神川電停 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道写真いろいろ」カテゴリの記事

電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203697/66765730

この記事へのトラックバック一覧です: 京阪電鉄石山坂本線の併用軌道区間その2:

» ケノーベルからリンクのご案内(2018/05/28 08:50) [ケノーベル エージェント]
松山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 京阪電鉄石山坂本線の併用軌道区間その1 | トップページ | 雨の嵐電!嵐電天神川電停 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31