メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年11月27日 (月)

クラウスが牽くオープンデッキ!伊予鉄道市内線の「坊っちゃん列車」

559a2118

 非電化で軽便鉄道だった時代、クラウスがオープンデッキの小さな客車を牽いていた軽便列車が再現された、伊予鉄道市内線の「坊っちゃん列車」。

559a2097

 観光振興を目的に走り始めて、道後温泉⇔松山市駅間での運行を中心に、道後温泉⇔JR松山駅前⇔古町間でも運行されていました。

559a2098

 今の時代に市街地の併用軌道を走るので、動力はディーゼルエンジンですが、明治時代にドイツのクラウス社で製造された1号機関車と14号機関車の外観が忠実に再現されていて、近くで意識して見ないと本物の蒸気機関車でした。汽笛や白煙、シリンダーからの排気音も再現されています。

559a1897

 1号機関車はハ-1とハ-2号客車を、14号機関車はハ-31号客車を牽いて走っていましたが、市内線を走る姿をタイミング良く撮れたのは14号機関車とハ-31号客車の「坊っちゃん列車」でした。

559a2235

 現役時代は長閑な軽便鉄道を走っていた「坊っちゃん列車」ですが、現代では車が行き交う併用軌道の市内線を走っています。

559a2319

 朝の古町駅で撮った14号機関車がハ-31客車を牽く「坊っちゃん列車」です。郊外線と平面交差する複雑なダイヤモンドクロスを走る、小さな「坊っちゃん列車」は不思議な感じでした。

559a1970

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年11月25日 (土)

鉄道と軌道の平面交差!伊予鉄道 古町駅

559a2312

 古町駅構内で普通鉄道の高浜線と、軌道の大手町線が斜めに平面交差しています。
 鉄道と軌道の本線が交差している特殊分岐器が見渡せる踏切際から、市内電車を撮ってみました。早速、JR松山駅方面から走ってきた50形前期形の旧塗色、55号車を後追いで撮影。バス窓になる前の最古参で、古町のシンプルな方向幕も良い感じでした。

559a2334

 この日も朝から快晴で名残惜しかったけど、お昼過ぎには松山空港から帰らなくては・・・
 宿泊していたJR松山駅前から近い古町駅に行ってみました。伊代鉄道 郊外電車の高浜線は大手町の踏切で、路面を走る市内電車とほぼ直角に平面交差していますが、古町駅構内の宮田町方でも、市内電車と郊外電車が斜めに平面交差しています。
 踏切が鳴り始めて、郊外電車と市内電車が古町駅に同時に進入していきます。

559a2338

 大手町の平面交差は道路が鉄道と交差する踏切で、警報機と遮断機が鳴動していましたが、こちらは普通鉄道と新設(専用)軌道の平面交差で、信号現示に従って交差部に進入していました。
 松山市駅行きの市内電車が、郊外電車の本線を横切って古町駅に入ると、横河原行きの郊外電車が発車しました。側線では古町から出庫する郊外電車が、本線への進路開通を待っています。

559a2351

 再び踏切が鳴り始めて、JR松山駅前から環状線の市内電車が走ってきましたが、駅の手前で停車。
 郊外線の本線を高浜行きの電車が走ってきて、先に古町駅に進入しました。交差部のダイヤモンドクロッシングが丁度、日陰になっていたので撮り辛かったのですが、どうにか市内電車と郊外電車の両方が画面に収まりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

城南線と花園線の分岐点 伊予鉄市内線の南堀端電停

559a2165

 松山市電停の次は城南線から花園線が分岐していて、市内電車(松山市内線)の全系統が通る南堀端電停に行ってみました。

559a2166

 市役所前、西堀傍、松山市駅方面のいずれの方向へも直通運転が可能な複線の三角線になっていて、方面別に3つのホームがありました。

559a2169

 電停のすぐ北側が松山城のお堀で、市民会館や県立美術館、図書館へ最寄りの電停でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年11月24日 (金)

松山城公園の緑と伊予鉄道市内線の路面電車

559a2109

 郊外電車の高浜駅から松山市内に戻ってから松山市駅へ。駅前では早速、リブとリベットが目立つバス用軽量モノコックボディーの技術で造られた、50形電車の後期形電車と伊予鉄バスの並びが観られました。

559a2128

 伊予鉄道といえば、郊外電車の高浜線、横河原線、郡中線の拠点で、駅前には松山市内線の路面電車が乗り入れているターミナルの松山市駅です。
 南堀端で城南線から分岐して、花園線を松山市駅前の電停に乗入れてくる市内電車を撮ってみました。

559a2129

 望遠レンズで撮ると背景は松山城公園の緑が綺麗で、ここでも鮮やかなオレンジの新塗色と、穏やかなオレンジの旧塗色の電車が頻繁に走ってきました。

559a2137

 松山城公園と駅前通りの街路樹の緑が見事で、小春日和の陽射しを受ける路面電車が楽しめました。

559a2148

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年11月22日 (水)

本町六丁目は駅と電停の結節点!伊予鉄道 市内線

559a2076

 鉄砲町の次は本町六丁目駅に行ってみました。城北線は本町通り(国道196号線)と踏切で平面交差していて、踏切道をはさんで上一万方面と古町方面のホームがありました。

559a2084

 本町線も西堀端から本町六丁目まで本町通り(国道196号線)の中央を延びていますが、併用軌道は城北線と交差しておらず、踏切のすぐ手前の本町六丁目電停先が軌道の終端になっていました。
 広い本町通り(国道196号線)の真ん中に敷設された単線の併用軌道を50形電車の後期形が走ってきました。

559a2081

 城北線は線路沿いに古い住宅も残っていて、狭い街中を走っている感じでした。この後は古町駅から郊外電車の高浜線に乗って、高浜駅に出掛けてみました。

559a2079

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年11月21日 (火)

路面電車が直通する普通鉄道!伊予鉄道 城北線

559a2023

 松山城の南部を走って、中心市街地と道後温泉を結んでいる城南線と、松山城の北部を走って、環状線系統の一部となっている城北線。その分岐点はポイントがある上一万の交差点だと思っていましたが、上一万~平和通一丁目駅間の併用軌道区間は城北線ではなくて、城南線の支線でした。

559a2024

 街路樹の銀杏並木が黄葉していたので、歩道橋から城北線を走ってきた電車が城南線の支線に入って、平和通りの併用軌道区間を走るシーンを撮ってみました。

559a2021

 松山市内線の古町駅と平和通一丁目駅間を結んでいる城北線は、単線の新設軌道(専用軌道)だと思っていましたが、ルーツは軽便鉄道の道後鉄道で、郊外電車の高浜線や横河原線と同じ普通鉄道でした。
 平和通一丁目駅付近の踏切から撮りましたが、城北線の線路沿いに裏路地の雰囲気が残っていました。

559a2044

 城北線は新設(専用)軌道を走る路面電車ではなくて、郊外電車と同じ普通鉄道に環状線系統の路面電車が直通している路線。鉄砲町駅から駅間を眺めると、地方ローカル線の雰囲気です。

559a2040

 中間の電停では鉄砲町と木屋町電停が交換可能で、単線自動閉そくで運転されています。画像は鉄砲町駅での市内電車の交換シーンです。

559a2049

 松山城のすぐ北側のこの辺りは、鉄砲足軽か鉄砲鍛冶か住む町だったのでしょうか。駅の周りは阪堺電車に似ているような気がしました。

559a2057

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年11月20日 (月)

朝の上一万電停!伊予鉄道松山市内線

559a1959_2

 伊予鉄道市内線の二日目は朝から快晴で、上一万電停の広い交差点から撮影開始。青空の下を走る橙黄色の市内電車が鮮やかです。

559a1973

 城北線の鉄炮町方面から環状線1系統の松山市駅行きが走ってきました。この交差点で、松山中心市街と道後温泉を結んでいる系統と松山城がある勝山の周りの市街地を環状運転している系統が分れていました。

559a1983

 中心市街を抜けて勝山通りを北上してきた電車の道後温泉行きは交差点を右折して、平和通りを道後温泉に向けて進みます。環状運転している電車は交差点を左折して直ぐに平和通りを外れて城北線を進みます。

559a2002

 この交差点は城南線と城北線の分岐点で、松山城の北側、古くからの街並みを走る城北線は、路面電車とは違う独特な雰囲気でした。

559a1985

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年11月19日 (日)

道後公園と伊予鉄道市内線の旧型電車

559a1880

 日が傾いてきたので、市役所前電停から道後公園電停に移動。電停の東側は湯築城の外堀で、道後公園になっている湯築城跡の紅葉と市内電車を撮ってみました。走ってきた59号車は1957年製で、前期形の中で最後に完成した車両です。

559a1877

 続いて、オレンジの新塗色になった57号車です。1954年製で、この年に製造された50形電車から側面の客室窓がバス窓に変わっています。屋上のクーラーも59号車とは違っていますね。

559a1890

 夕方の併用軌道で、お日様が射している場所を見つけて撮りましたが、さすがに限界になってきたので、最後は伊代銀行道後支店がある交差点へ移動。

559a1892

 旧塗色の2000形電車を撮影した後は道後温泉電停を抜けて、道後温泉本館で霊の湯に浸かって、温泉を楽しみました。

559a1911

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年11月18日 (土)

ドーム形屋根の愛媛県庁と松山市内電車!伊予鉄道

559a1866

 愛媛県庁本館は1929年に完成した近代洋風建築物で、ドーム形屋根を中央正面として、左右対称のレトロな外観の庁舎です。市役所駅前電停からお堀の傍を北の方向に少し歩くと、愛媛県庁本館を背景に交差点内で曲がる市内電車が撮れました。

559a1867

 レトロな路面電車と緑色のドーム形屋根の組合せは、函館市電の十字街から撮る旧丸井今井呉服店函館支店と同様の風格がありました。

559a1871

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2017年11月17日 (金)

松山城と松山の市内電車!伊予鉄道 市内線 市役所前電停

559a1809

 松山市街地の真ん中、勝山にそびえ立つ松山城を背景に市内電車を撮ろうと、市役所前電停に行ってみました。早速、旧塗色の旧京都市電2000形の2003号車が走ってきました。

559a1837

 午後になっても青空が続きましたが、ここは西側が三ノ丸のお堀と公園なので高い建物が無くて、道路が日陰になりません。伊予鉄オリジナル旧型車の50形電車が道後温泉に向かって走って行きます。

559a1820

 伊予鉄道といえばオレンジとクリームイエローの塗分けがお馴染みでしたが、2015年から鮮やかなオレンジ一色に塗色変更を進めています。

559a1833

 順光になるここでの狙いは数を減らしているオレンジとクリームイエローの旧塗色。新旧塗色の50形や2000形電車が頻繁に走ってきました。

559a1839

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30