メインページ↓へ移動

現役の使用機材

  • Canon Digital Camera Body EOS5D Markiii +BG-E11
  • Kenko Tokina AT-X17-35mm F4 PRO FX
  • Canon EF24-70mm F4L IS USM
  • Canon EF70-200mm F4L IS USM
  • Canon EF300mm F4L IS USM
  • Canon EXTENDER EF1.4X II
  • FUJIFILM Digital Camera Body   X Series X20
フォト
無料ブログはココログ

鉄道写真いろいろ

2018年10月 8日 (月)

太秦広隆寺電停から山ノ内電停へ!嵐電

559a3517

 太秦広隆寺電停から山ノ内電停へ移動して、最後は西大路三条駅から山ノ内電停の併用軌道区間で三条通を走る嵐電を撮ってみました。

559a3521

 山ノ内電停は三条通り上に相対式で安全地帯が設置されています。ノンステップで電車の床が高い嵐電では、低くて幅が狭い本格的?な路上電停はここだけのようです。

559a3540

 最後は四条大宮から続く新設(専用)軌道が三条通と合流する西大路三条交差点で撮影。ここは路面電車用信号機の現示で電車が交差点に進入して、交差点内を曲がっていきます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2018年10月 4日 (木)

定番!太秦交差点で定点撮影 京福電気鉄道 嵐山本線

559a3430

 2018年9月16日は阪堺電車の「モ161形車ラインアップ」撮影会に参加してから、京福電気鉄道 嵐山本線へ移動。前回は大雨で満足に撮れなかったので、太秦広隆寺電停を再訪して、広隆寺の楼門前を絡めて併用軌道区間を走る嵐電を定点撮影してみました。
 早速、走ってきたのはモボ625と502号車で、Zパンタの路面電車が連結運転する姿が魅力的でした。

559a3433

 蚕ノ社から太秦広隆寺電停まで新設(専用)軌道を走ってきた嵐電は、三条通の太秦交差点を併用軌道で横切ると、再び新設(専用)軌道に戻ります。広隆寺の楼門の直ぐ前が複雑な導線で車が行き交う太秦交差点で、太秦広隆寺電停の嵐山駅方面行きホームはお店や住宅の玄関に出入りする路地にもなっていました。

559a3476

 翌朝(2018年9月17日の朝)も秋晴れを期待して太秦広隆寺電停に出掛けてみましたが曇り空。でも、運良くモボ101号車を撮ることができました。現役で走るモボ101形は車体も台車も更新されて冷房装置も搭載されていますが、路面電車らしい外観が魅力ですね。

559a3489

 昨日より景色は明るいし、諦めていたお日様が顔を出すと、モボ501号車が走ってきました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2018年9月29日 (土)

阪堺電気軌道 阪堺線の起点、恵美須町電停

559a3163

 阪堺電気軌道 阪堺線の起点、恵美須町電停。いつでも賑やかな通天閣やジャンジャン横丁で知られている、大阪新世界の直ぐ隣にあります。レトロなホーム上屋が魅力的な3面2線の電停ですが、構内は薄暗く閑散としていて、周りと隔離された雰囲気。2014年に日中時間帯の運行が毎時3本に減ってから、普段は2番ホームは使われていない様子です。

559a3170

 1番ホームに折り返しを待つ電車が在線中、回送電車が接近して2番線に到着しました。日本初のスーパートール"あべのハルカス"の開業で、阪堺電車のターミナルは上町線の天王寺駅前電停に変わってしまい、寂しくなった恵美須町電停。初めて3面2線のホームに電車が並ぶシーンが見られました。

559a3174

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2018年9月23日 (日)

阪堺電気軌道 モ161形電車90周年!「モ161形車ラインアップ」撮影会

559a3345

 2018年9月16日の「モ161形車ラインアップ」撮影会にも参加してみました。昨日(2018年9月15日)の「金太郎・青雲塗装車」撮影会は生憎の曇り空でしたが、この日は朝から晴れて、光線が良い午前の撮影会に参加できたのが幸いでした。

559a3340

 大和川検車区(我孫子道車庫)の構内に昭和40年代復元車の161号車・金太郎塗りの166号車・青雲塗装車の164号車・ダークグリーン塗装の162号車のモ161形現役4両がフルラインアップ。横一列に並べて撮影会が始まりました。

559a3387

 阪堺電気軌道のモ161形電車は、1928年(昭和3年)に南海鉄道が平野線(1980年廃止)の連結運転用に製造した電5形電車。全長14mの半鋼製低床ボギー車で、連結総括制御運転のための連結器とSME 非常弁付き直通空気ブレーキ、間接非自動制御器を装備した当時としては最新鋭の路面電車で、台車は軸距1,625mm、車輪径660mmの住友製鋼所製KS45Lタイプの64C-24B2で、主電動機は30kW×4台です。

559a3378

 1930年に電5形からモ161形に形式変更、1972年までに集電装置がトロリーポールからビューゲル、パンタグラフと換装され、ブレーキ装置は連結運転が行われなくなったため路面電車で一般的なSM-3直通空気ブレーキに取り替えられていますが、車体や台車は登場時のまま大きな変化はなく90年間走り続けてきました。

559a3393

 後半は昭和40年代復元車の161号車と金太郎塗りの166号車が前に出てきて、良い感じに並びました。

559a3411

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2018年9月22日 (土)

阪堺電気軌道 モ161形電車90周年!「金太郎・青雲塗装車」撮影会

559a3188

 モ161形電車撮影会ツアーの時間が迫ってきたので、聖天坂電停から電車に乗って集合場所の恵美須町へ。
 恵美須町でツアー参加者を乗せた臨時電車は我孫子道電停に停車後、大和川検車区(我孫子道車庫)の構内に入って、撮影会場の近くで下車。低床でステップ付きの路面電車なら何処でも乗降可能なんですね。

559a3194

 2018年9月15日の「金太郎・青雲塗装車」撮影会は青雲塗装車のモ164号を挟んで、ダークグリーンとクリームのツートーンで前面が金太郎塗りのモ166号車とモ165号車が並べられて始まりました。

559a3207

 画像の右側から金太郎塗りのモ166号車・青雲塗装車のモ164号車・金太郎塗りのモ165号車を横一列に並べて始まった撮影会ですが、途中でモ166号車とモ164号車の前に動かして、並びを斜め一列に変更。

559a3228

 その後は金太郎塗りのモ166号車と雲塗装車のモ164号車の車体側面も綺麗に写る角度から形式写真が撮れました。

559a3282

 青雲塗装車のモ164号車は1928年に川崎車輛で製造された元170号車で、初代164号車がモ301形改造された後、170号車から164号車に改番されたようです。

559a3263

 金太郎塗りのモ166号車は1928年に川崎車輛で製造されて、改番は行われていません。
 同じく金太郎塗りで展示されていたモ165号車も1928年に川崎車輛で製造され、改番は行われていません。モ165号車は残念ながら現役は引退していますが綺麗に保存されていました。

559a3297

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2018年9月20日 (木)

天神ノ森と阪堺電車

559a3128

 東玉出から天神ノ森まで歩いて戻ると、電停のすぐ隣の大きな森は天神ノ森天満宮で、ホームは狭い路地の踏切を挟んで千鳥式で設けられていました。

559a3140

 阪堺線は新今宮駅前電停から塚西電停までの間は西成区を走っていて、特に新今宮駅前から今船電停辺りまでは独特な雰囲気を感じるのですが、天神ノ森天満宮の周りの住宅街は閑静な感じでした。

559a3145

 モ161形撮影会ツアーの集合時間が迫ってきたので、そろそろ集合場所の恵美須町電停に向かうことにしました。

559a3157

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2018年9月19日 (水)

阪堺電車のノーガード電停!東玉出電車停留場

559a3102

 阪堺電車(阪堺電気軌道)のモ161形電車は、1928年に走り始めてから今年(2018年)で現役90周年!
 モ161形電車90周年を記念して2018年9月15日に催行された「金太郎・青雲塗装車」撮影会と16日の「モ161形車ラインアップ」撮影会に参加してみました。初日は新今宮駅前に着くと集合まで時間があったので、まだ降りたことがなかった東玉出から聖天坂電停まで歩いてみることにして、我孫子道行き電車を待っているとモ500形501号車の恵美須町行きが走ってきました。

559a3114

 起点の恵美須町から新設(専用)軌道を走ってきた阪堺線は、東玉出電停の手前で紀州街道と合流して併用軌道区間に変っています。東玉出電停は玉出東交差点を挟んで千鳥に配置されていますが、軌道敷設後に道路拡幅されたためなのか軌道は道路の片側に偏って敷設されていました。道路中心側の浜寺公園方面乗り場は安全地帯が設けられ、路面から一段高くなったホームがあります。

559a3106

 道路縁端側の恵美須町方面乗り場は電柱に駅名表示が有るだけで、白線で区切られた道路で乗降する通称ノーガード電停でした。

559a3110

 路線バスの停留所と同様、電車が止まると後続の車が次々と追い抜いて行きます。

559a3111

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2018年6月10日 (日)

雨の嵐電!西院から西大路三条へ

559a2953

 少し更新が止まってしまいましたが、嵐電の続編です。
 小雨になったので西大路三条まで歩くことにして、西院車庫沿いの狭い通りを歩き始めると、短い運転時隔でモボ623号車が走ってきました。動免取得のための実技教習のようで、方向幕は教習で、「教」の方向板も掲げられていました。

559a2968

 古い木造家屋が残っていたので立ち止まって電車を待っていると、レトロ調に車体更新されたモボ27号車が走ってきました。
 レトロ調車体の路面電車は他でも見られますが、この電車の凄いところはBWE12型台車。車体は今時のレトロ調ですが、台車や床下の機器類が正真正銘のレトロでした。

559a2972

 踏切の先にも良い感じの木造家屋があったので、走ってきたモボ624号車の後ろ姿を撮影。

559a2983

 西大路三条の交差点まで歩くと雨が急に強くなったので、モボ106号車を撮って撮影中止。この後は嵐電を全線乗車することにしました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2018年6月 3日 (日)

雨の嵐電!嵐電天神川電停

559a2930

 小雨が降り始めた朝のびわこ浜大津駅から京津線の電車に乗って、直通運転している京都市営地下鉄東西線の太秦天神川駅へ。
 地上に出ると雨が強くて厳しそうでしたが、嵐電を観られる貴重なチャンスなので嵐電天神川のホームで待っていると、新塗装の京紫に塗られたモボ624号車が走ってきました。車体は新しいけど、床下機器やイコライザー式台車は古そうです。

559a2937

 続いて嵐山方面から四条大宮行きのモボ106号車が走ってきました。嵐電で観たかったのはモボ101形でして、車庫がある西院までこの電車に乗ってみました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2018年5月27日 (日)

京阪電鉄石山坂本線の併用軌道区間その2

559a2842

 県道伊香立浜大津線と市道が分かれる三差路の直ぐ西側、松竹旅館の前で大津線(石山坂本線)の電車を撮ってから、三井寺まで歩いてみました。

559a2796

 ベージュ色のモルタル塗の外壁に褪せ始めた朱色で「ゆ」と書かれたストイックな外観が気になって、ここで撮ることにしました。昼間、妙光寺の踏切に行く途中、蝉丸神社下社で見かけた小町湯も風情があったのですが、この辺りは古い家屋や銭湯が残っているのですね。
 残念ながら浜大津電車通りの昭和湯さんは営業していない様子でしたが、サウナを始め色々な「ゆ」を備えていたようです。

559a2800

 昭和湯の辺りで併用軌道から一般車道が南側に逸れて、新設(専用)軌道区間に変わります。三井寺の軌道沿いにも古い木造家屋が残っていたので、派手なラッピング電車と絡めてみました。

559a2846

 現代では高速から安定して減速できる金属チップ入りの合成制輪子やレジン制輪子が普通ですが、低速でギュッと止まれる鋳鉄制輪子片が夕日に染まった赤錆色の軌条や道床砕石が妙に懐かしい雰囲気。
 電車に乗るとレジンが焼ける匂い。気動車に乗ると鋳鉄制輪子から飛び散って蛍のように舞う金属片を思い出しました。

559a2879

 この後も暫く撮りましたが、急に空が暗くなって夕日はつるべ落とし。浜大津の交差点に戻ると赤提灯が灯っていました。
 〆は生包餃子とビール、普通のチャーハンで終了。当然、近江牛は食べられませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31